ゴルフ上達法-正しいインパクト

ゴルフ上達法-正しいインパクト


インパクト


飛ばすためには、フォロースルーが重要だといわれます。


しかし、フォロースルーはボールを打ったあとのことなので、フォロースルーをどうこうすると考えることはあまり意味がありません。
フォロースルーが大きいとか、小さいということを意識するよりも、いかに正確なインパクトをするかの方が大切なことです。


つまり、正しいインパクトを行ったあと、自然に出てくるフォロースルーが一番正しい形のはずです。
正しくインパクトさえしていれば、フォロースルーも自然に大きく、かつシャープになってくるのです。
故意にフォロースルーを大きくとろうとすると逆効果です。


フォロースルーは、スイングをチェックするのに大切です。
フォロースルーが内側に入ったり、外へ流れたりしていると、その時のスイングでは決して正しいインパクトができていないはずです。


正しいインパクトとフォロースルーを得るには、トップスイングの位置まで上げたものを、正確に元のアドレスの位置にもどしてやることです。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

05 : 51 : 20 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑

ゴルフ上達法-ボールに回転を与える

ゴルフ上達法-ボールに回転を与える


glf0035-026.jpg


練習場ではまっすぐなショットだけを打とうとしている人が多いようです。
ときにはショットを曲げる練習もやってみてはどうでしょうか。


それも「曲げる」練習です。
一度スライスが出ると、なんとか曲がらないようにと思いがちですが、そのミスショットを再現してスライスを何度も打ってみるのです。
インテンショナル・スライスです。
スライスするからといって、なんとか直そうとばかりしないで「もっとスライスさせてやれ」と考えて練習すると、どこがどうなってスライスするのかということが次第に分かってきます。
次はフックはどうしたら出せるかを考えて練習に取り組んでみましょう。


ゴルフはボールにどんな回転を与えるかが重要です。
十分なバックスピンがかかればボールはよく止まりますし、スライスやフックは右とか左とかのサイドスピンがかかるためです。


漫然とボールを打つのではなく、ボールの回転と体の動きの関係を考えながら練習することが大切です。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 19 : 50 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ゴルフ上達法-最初の数ホールは堅い体に合わせて

ゴルフ上達法-最初の数ホールは堅い体に合わせて


ゴルフ上達法,スタートホール


練習でいくら当たっていても、それがコースに出るとそのとおりいかないのがゴルフです。


練習はあくまでも練習です。
スタート前の練習でショットもパットもいい感じで、これはいけそうだと思えるときがあります。
しかし最初からその気になるのは危険です。
どんなに好調なときでも、はじめのうちはじっくりといくことです。
車の運転と同じで、はじめから最高のスピードを出すべきではありません。


スタート前に入念なウォーミングアップをしても、筋肉はまだ完全にはほぐれていません。
最初の数ホールは堅い体に合わせて、徐々にスピードをあげるべきである。
したがって、狙いもはじめは広くとり、フェアウエーをいっぱいに使いましょう。
セカンドショットは直接ピンを狙わず、グリーンに乗れば上々です。


パットも同じことです。
入れるよりもグリーンの速さをつかむことが先決です。
最初から狙って打ち、もし3パットでもしたら、一日中感じをつかめないで終わることになりかねません。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 21 : 58 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

ゴルフ上達法-その日の調子でスイングを変える

ゴルフ上達法-その日の調子でスイングを変える


ゴルフ上達法,スイング


ドライバーが好調なときに、いい気になってガンガン飛ばすのは危険です。
調子がいいときにかぎって、考えられないミスを犯すことがあります。
その思わぬミスでガックリきて、自分のペースを崩してしまうこともあります。


ドライバーの調子がいいときは、たしかにゴルフは楽です。
セカンドショットを余裕を持って打てますし、パットにも集中できます。
しかし、あまりいい気になってドライバーを叩いていると、それがショートゲームにまで影響して、ソフトなタッチが出なくなりがちです。
ドライバーのヒット感覚が手に残って、パットに大切な指先のしなやかな感触が失われるからです。


ドライバーの当たりが悪いときは十分に振り切るようにしましょう。
芯に当たらないのはスイングが小さくなっていることが原因ですので、ショットがおかしくなったら十分に振り抜くことです。


逆にドライバーが当たっているときは、少し距離を落とすぐらいの気持ちで自分をおさえることが大切です。
不調のときほど大胆に振り、当たっているときこそ慎重にいくバランスを心がけましょう。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 19 : 15 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ゴルフ上達法-バンカーの目玉

ゴルフ上達法-バンカー目玉


ゴルフ上達法,バンカー,目玉


バンカーでボールが砂の中にもぐり込んだ、いわゆる「目玉」状態のときは、ピンを狙うことはほとんど不可能です。
この場合は一回でバンカーから出ればよしと考えましょう。



目玉状態のときは、ボールが埋まっている分ヘッドも砂に深く入れてやる必要があります。
ヘッドを打ち込む場所は、いつもよりボールの手前になります。


ふつうのバンカーショットはヘッドをボールの下の砂の中を通しますが、目玉のときはヘッドを抜こうとはせずボールの手前にヘッドを叩き込む感じです。
振り抜こうとすると、ヘッドのいきおいが弱くなって砂の抵抗に負けてしまいボールは出ないでしょう。
フォロースルーは特に必要ありません。


ボールを上げようとしてフェースを開くことは禁物です。
目玉のときはフェースを立ててシャット気味にします。
いつもよりウエートを左に乗せておき、ボールはふつうより右に置き、アップライトにバックスイングして急角度に叩き込んでみましょう。


むしろボールをさらに砂に埋め込ませてやるぐらいのつもりで思い切りよく打ち込んでやるといいでしょう。
砂を多くとるためにバックスピンはまったくかかりませんのでランが多いことも計算に入れておいてください。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

20 : 18 : 34 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

ゴルフ上達法-傾斜したバンカーから寄せる

ゴルフ上達法-傾斜したバンカーから寄せる


ゴルフ上達法,傾斜,バンカー


バンカーの中でボールのライがグリーンに向かって上がっていたり下がっていたりすることがよくあります。
アゴの高いバンカーで、そのアゴの近くにボールが止まったときはアップヒルのライになり、うしろのアゴに近いときはダウンヒルになります。


バンカーでもフェアウエイのスロープと同じで、両肩の線を斜面と平行に構えて、スイングも斜面に対して平行に行うことが基本です。
アップヒルのときはクラブのロフトがふえますのでボールは高く上がりショートしやすくなります。
フェースは開かないで、スクエアに構えたほうがよいでしょう。
アゴの近くにボールがあるときはふだんのようなフォロースルーはとれません。
このようなときは無理に振り抜くこともはなく、ボールの先を10センチも鋭く振り抜けば十分です。
ふだんよりも手前から入りやすいので、その分いつもより力を入れる必要があります。


ダウンヒルではふだんのようにボールが高く上がりません。
スタンスをオープンにしてフェースもオープンに構えます。
ボールの位置はふだんよりも中に置きます。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 53 : 11 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑

ゴルフ上達法-バンカーの砂質によって打法は変わる

ゴルフ上達法-バンカー砂質によって打法は変わる


ゴルフ上達法,バンカー,砂


バンカーは砂の堅さや重さによってボールの出方がかなり異なります。
砂質がどうであるかは、足場を決めるときに靴の底でよくたしかめておきましょう。


砂の量が少なく硬いときや、雨で湿ってよく締まっているときなどはヘッドが砂の中に入りにくくなります。
浅くすべり抜けてヘッドにスピードがつくため、ボールが飛びすぎ、いわゆるホームランがでることがあります。
フェースを開くほどその傾向が強くなります。
このような場合はフェースをスクエアに構えた方が安全でしょう。
フェースをスクエアに構えると硬い砂でも適度の深さにフェースが砂に切り込んでいきます。
雨が降り続いたときは、砂というよりは泥のかたまりという状態になるコースもあります。
そういうときはサンドウェッジよりピッチングウェッジを使うことをお奨めします。
ソールに丸味のあるサンドウェッジはヘッドがはね返されてホームランが出やすくなります。


また、川砂よりも海砂のほうが重く、ツブの大きい白砂よりもキメの細かい砂は重いと考えましょう。
重い砂はヘッドが受ける抵抗は強くなりボールの出足が悪くなります。
硬い砂よりもやわらかい砂の方がボールの飛びは悪くなります。
それは、やわらかい砂はヘッドがあまり抵抗なく抜けるためボールに力が伝わらないからです。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

22 : 27 : 01 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

ゴルフ上達法-クロスバンカーでのクラブ選択

ゴルフ上達法-クロスバンカーでのクラブ選択


ゴルフ上達法,クロスバンカー


クロスバンカーからグリーンを狙う場合、ラフと同様フェアウエイから打つときよりも1クラブ短いものを使います。
フェアウエイのように大きなスイングができないので、大き目のクラブを使いたいところですが、正確にヒットするために1つでも短いクラブのほうがよい結果が期待できます。


クロスバンカーではダフリは絶対禁物です。
ダフリを防ぐためには、できるだけアップライトなスイングを心がけます。
短いクラブを使えばアップライトに振れますのでダフリも少なくなります。
フェアウエイならともかくラフやバンカーで大き目のクラブで加減するのはひじょうにむずかしいものです。
下手に軽く打とうとすると、手前をザックリやりやすくなります。


シャフトの短いクラブのほうがシャープに振り抜けます。
振り方によっては8番でも5、6番の距離が出せるものです。
それは振り抜きをシャープにすれば8番でも5番より鋭いショットができるからです。


クロスバンカーからはフェアウエイよりもボールの出足は低くなります。
それはダフリを防ぐために、通常のフェアウエイショットよりもボールを中に入れて、フェースをかぶせ気味にして上から鋭く振り抜くためです。
足場が柔らかいため、ロフト通りに打ってもフェアウエイのようにはボールは高く上がりません。
ロフトの多いクラブを使うのはそのためでもあります。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 13 : 00 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

ゴルフ上達法-リカバリーショット

ゴルフ上達法-リカバリーショット


ゴルフ上達法,リカバリーショット


林などからのリカバリーショットでは、まずそこから1打で脱出することです。
トラブルにつかまったことは、あきらかに自分のミスであり、その責任を他に転化しようとしたりトラブルに陥らなかったときと同じような結果を得ようなどと欲張るとキズはさらに深くなるものです。


ティーショットが林などにつかまったときは、そのショットはなっかたものとして、2打目からがそのホールのティーショットだと思ってプレーする気持ちの切り替えが大切です。
1度フェアウエイに出しておいて、そこから乗ればパーオンと考えましょう。


林などからの脱出は、これは技術的にはそれほど難しいものではありません。
木の間を低く抜こうとするときは、ディボット跡から打つときと同じ要領でボールをスタンスの後方に置いて、フェースをかぶせてぶつけてやるだけでよいのです。


低く抜くときのクラブは7番アイアンか8番アイアンがよいでしょう。
ロフトが少ないクラブでは草に食われるおそれがありますし、ロフトが多いと上がり過ぎて木の枝に当たります。


リカバリーショットではクラブ選択は重要です。
グリーンに届くクラブを選びたいでしょうが、確実に1打でフェアウエイに出せるクラブを選ぶべきです。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 39 : 32 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ゴルフ上達法-ディポットでの打ち方

ゴルフ上達法-ディポットでの打ち方


ゴルフ上達法,ディポット


フェアウェイでもボールがディポット跡に入ったときは、距離的には5番アイアンを使うケースでも、ボールの沈み具合に応じて7番とか8番といったロフトの多いクラブを使わざるを得ない場合があります。
沈んだボールを正確にヒットするためにはフェースをかぶせて打たなければなりません。
そのためにはボールをふつうより右足のほうに寄せて置きます。
そうすればフェースは自然にかぶさって、7番でも6番と同じロフトになります。


ウエートは左に乗せておいて、鋭く打ちおろして低く振り抜いていきます。
ライがいいときのように高く振り抜こうとすると手前に打ち込んだりトップしたりしやすくなりますので注意です。
バンカーやラフでも同じですが、ライが悪いときは鋭く打ちおろすスイングを心がけましょう。


ボールを上げようと思って掃くような打ち方をしたらジャストミートはできません。
絶対に上げようという意識は持たず、ボールを転がすつもりで思い切り打ち込むスイングをします。
ただしライがいいときと同じバックスピンは期待できません。
ランがでることを計算して花道を狙っていくといいでしょう。


右手を利かして打ちますので左へ引っかからないように体を少し左に向けておきます。
フェースは目標に向けてまっすぐ抜いていくことは忘れないでください。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 39 : 11 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ゴルフ上達法-芝目を読む法則

ゴルフ上達法-芝目を読む法則


ゴルフ上達法,芝目


パットではグリーン芝目の判断が重要です。
ペントグリーンはほとんど傾斜を読むだけですみますが、高麗の場合は順目と逆目のちがいを的確につかまなければなりません。


芝目は太陽の照り具合や水の流れに大きく影響されます。
海に近いコースでは、太陽の出る明るいほうへ、つまり海に向かって順目になります。
また、山岳コースは高いところから低いほうへ、水の流れる方向へ順目になります。


富士山のように高い山の裾野にあるコースは順目と逆目のちがいが特にはっきり出ます。
高い山を背にしたパットはおそろしく速くなります。
それはペントグリーンでも同じです。
高原コースでプレーするときは、かならず周辺のもっとも高い山の所在を確かめながらパットするようにします。
グリーンだけを見てパットをすると、とんでもないミスジャッジをすることになります。


内陸の林間コースなどでは花道から次のティに向かって順目であることが多いです。
プレーヤーが歩くほうへと芝目も流れる傾向があるからです。
長い間踏まれているうちに芝目もそれに影響されるわけです。


シーズン中は芝生の生育状態で色ツヤが変わります。
芝生が濃い色に見えるときは逆目で、白っぽく光って見えるときは順目です。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 08 : 44 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

ゴルフ上達法-ロングパットは距離を3等分する

ゴルフ上達法-ロングパット距離を3等分する


ゴルフ上達法,ロングパット


ロングパット距離感がすべてといってよでしょう。
絶対ばくぜんと狙ってはいけません。


カップまで歩測するなりして距離を正確につかむことが大切です。
その距離を3等分して見ましょう。
9メートルあるとしたら、3メートルずつに区切ってみるのです。


まず3メートルを打つにはどのくらいの強さがよいかを考えます。
それにもう3メートルを加算してみます。
そして最後はカップまでの全体の距離感をしっかりと頭の中に刻み込んでからアドレスに入るのです。


アドレスしたら、距離を合わせることだけに集中します。
方向はアドレスした時点ですでに決まっているはずです。
フェースも体もラインに正しく構えているんだと自信を持って、あとは距離感だけを考え状況します。


構えてからまだラインはどうだろう、フェースは正しく合っているだろうか、打ち方をどうしよう、とを考えたら肝心の距離感がおろそかになってしまいます。


距離感はヒッティングの強さで決まりますが、それを的確につかむためにはアドレスしたらボールを見ながらも意識はカップに集中することです。


ロングパットでは距離感が第一です。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 02 : 19 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

ゴルフ上達法-パットでライン上にヘッドを抜くのは大誤解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
21 : 02 : 09 | ゴルフ上達のヒント | page top↑

ゴルフ上達法-ロングアイアン

ゴルフ上達法-クラブフェース


ゴルフ上達法,クラブフェース


ロングアイアンは、十分な距離と正確さを必要とするホールで、威力を発揮する効果的な武器です。
正しく打たれたロングアイアンのホールは、グリーンに落下してから、2、3回のバウンドで完全に止まるだけのバックスピンがかかります。


ところが、アベレージ・ゴルファーはロングアイアンは難しいものと思い込んでいる人が多いようです。
ロングアイアンは特殊なクラブではなく、他のショットとスイングはまったく同じです。


ただ、ロングアイアンのスイングは、強く打ちこむのではなく、横から払う感じでスイングするといいでしょう。
大きなバックスイングをとり、ダウンスイングでは思いきった両手首のアンコックをしながら、ボールを直接、横から払うように打つようにすることです。


ロングアイアンのショットは、こわごわと打っては絶対に成功しません。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 21 : 12 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

ゴルフ上達法-左手の甲は正しく目標へ

ゴルフ上達法-左手の甲は正しく目標


ゴルフ上達法,左手の甲


アドレスをしたとき、左手の甲は目標の方に正しく向いています。
そしてインパクトからその直後も、左手の甲はやはり目標の方を向いたまままっすぐに伸ばされいます。
左手の甲をこのように動かすことにやってショットの正確さが生まれます。


クラブフェースの方向および動きをコントロールするのはおもに左手の仕事だからです。
クラブフェースと左手の向きとの関係がつねに変わらないことが重要です。
私も、両手をうまく一緒に働かせるためには、まず左手の位置をしっかりときめている。


左手がクラブ・フェースをコントロールし、スイングのリード役をつとめ、これに対して右手はボールを打つときの力を加える役目を受け持っています。
しかし、あまりに右手でボールをヒットしようと意識すると、せっかくの左手のコントロールまでもこわしてしまいます。
右手を動かしすぎると、クラブ・フェースが飛球線上に直角に動かず目標より左にターンします。
右足をうしろに引いたクローズドスタンスをとって、ボールを右から左に意識的にドローさせる打ちかたは、このような右手の使いかたによってできるますが、あまりやりすぎると強いフックになってしまいます。


左手の甲とクラブフェースの向きはいつも同じです。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 43 : 32 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

ゴルフ上達法-手首は動かさずバックスイング

ゴルフ上達法-手首は動かさずバックスイング


ゴルフ上達法,手首,バックスイング


スイングのうちでもっとも大切な部分は、バックスイングのスタートからその直後です。
このスイングの動作の最初の部分で誤った動きをしてしまったら、それはスイングの最後まで悪影響を与えてしまうことになるからです。


バックスイングをはじめるときは、左手、左腕、左肩でクラブの動きをスタートさせます。
ここで一番注意しなくてはいけないのは、手首だけは、アドレスのときと同じ状態のままで残しておかなければいけないことです。
手首は、バックスイングが半分ぐらいまで進み、両手が腰の高さにきて、はじめてコツクが開始されます。


クラブフェースを飛球線に対して直角に保つためには、手首を動かさないことが必要です。
バックスイングの開始の部分で、この動作を完全にマスターしてしまえば、よいスイングをするためのいくつかのポイントの大部分は解決されたことになるでしょう

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 52 : 08 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

ゴルフ上達法-チップショットはピンに当てる強さで

ゴルフ上達法-チップショットはピンに当てる強さで


ゴルフ上達法,チップショット


チップショットはどんなクラブを使うときでもロフトを多少殺し気味にして打ったほうがよいでしょう。


グリーンがものすごく速かったり、かなりのくだりの場合はほとんどロフト通りに打って転がりをコントロールすることもありますが、たいがいの場合はフェースをかぶせ気味にしたほうがしっかりと、しかも正確にヒットできますし、転がり方も一定になります。


ボールを両足の真中からやや右寄りに置けばフェースは自然にかぶさってロフトが少なくなります。
まずボールをヒットしてからその先の芝生をけずり取ことが基本です。
これはアイアンショット全て当てはまります。
そのためにもフェースはいくぶんかぶせ気味のほうがよいわけです。
フェースを開くとうまくヒットしてもスピンがかかってショートしやすくなります。


ウエートは終始左サイドにかけたまま、左サイドを軸にして、ほとんど腕だけのストロークで十分です。
膝の送りはわずかで、特に意識してやるほどのことはありません。
チップショットでもぴしっとヒットしたほうがよい結果が出やすいです。
距離感はインパクトの力加減でつかみます。


チップショットはショートしやすいですから、ピンに当てるぐらいのつもりで積極的に打つほうがよいでしょう。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

23 : 14 : 17 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑

ゴルフ上達法-チップショットを恐れるな

ゴルフ上達法-チップショットを恐れるな


ゴルフ上達法,チップショット


グリーンまわりの寄せのうちでもっとも安全でかつ確率の高い方法はチップショットです。
転がせるところをウエッジで上げる人は1パットで切り抜けられるチャンスをわざと逃しているようなものです。


チップショットでまずやるべきことはボールからカップまでの状況の判断です。
ボールのライ、ボールとカップまでの間のグリーンの広さ、グリーンの傾斜や芝目などをまずよく確かめます。


次にはその状況にふさわしい球道を頭の中に描いてみましょう。
ボールがグリーンエッジの近くにあってピンがかなり奥に立っているなら、ほとんどの距離を転がせるますのでロフトの少ないクラブが使えます。


ボールがグリーンから遠ざかるほどキャリーが必要になりますので、それに応じてロフトの多いクラブが必要になります。
その状況にふさわしい球道を脳裡に描いて、そのイメージ通りのショットができるクラブを選択します。
同じような状況でも、グリーンの速さや傾斜、あるいは芝目が順目か逆目かによっても使用クラブはちがってきます。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

22 : 13 : 55 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

ゴルフ上達法-パターでのアプローチ

ゴルフ上達法-パターでのアプローチ


ゴルフ上達法,パター,アプローチ


グリーンの外からパターを使う条件としては、まずエッジまでの芝生が短くきれいに刈り込まれて芝生の長さがそろっていることです。
そして芝目が順目で、グリーンの速さとあまりちがわないことです。
かなり短く刈り込まれていても逆目では、芝目に食われてショートしやすくなります。


ストロークで注意すべきことは、ただボールにヘッドを強くぶつけることはしないで、フォロースルーを大きくとることです。
ヘッドを押さえつけるような打ち方をすると、オーバースピンがかからないためにボールが伸びずショートします。


それにはできるだけ上体を起こして、ボールをいつもより左に置くとよいでしょう。
上体をかがむほど腕がスムーズに振れなくなり、距離感もつかみにくいものです。
ボールを左に置けば、ヘッドを打ち込むような打ち方にはなりません。


エッジまでの芝生の状態がよくても、ボールが沈んでいるときにはパターには使わないほうがよいでしょう。
スムーズに振り抜こうとするとボールの頭を叩くし、上からぶつければ、ボールは飛び上がって前には進まない。
ボールのライもよく、グリーンまでの芝がスムーズであっても、グリーンがすごく大きく、カップも相当奥に立っているときはパターでは距離感がつかみにくいのでアイアンでころがしましょう。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 53 : 36 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

ゴルフ上達法-アプローチは落下地点への集中が決め手

ゴルフ上達法-アプローチは落下地点への集中が決め手


j0402113.jpg


ボールを上げて止めようとするピッチにしろ、転がりを生かして寄せるチップにしろ、ボールの落しどころをはっきり決めることが大切です。


ただばくぜんとピンを狙ってもうまくいきません。
ピッチショットでは、いつでもピンをデッドに狙えるわけではありません。
距離、グリーンの傾斜、堅さなどによってボールを落とす位置が違ってくるからです。
距離が近くなるほどスピンのかかり方が弱くなり止めるボールを打ちにくくなります。


スイングに際してはピンではなく、ボールの落下地点に集中することが大切です。
それはチップの場合も同じです。


転がりを生かすときは、まずグリーンに直接落としたほうがよいでしょう。
グリーンの手前から転がすのは、グリーンに直接キャリーさせると転がり過ぎるときなど特別の場合です。


グリーンに乗せるときは落下地点をはっきり決めてからショットしましょう。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 53 : 49 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

ゴルフ上達法-深いラフからの寄せ

ゴルフ上達法-深いラフからの寄せ


ゴルフ上達法,ラフ


グリーンをオーバーするとボールは深いラフにもぐり込んでいることが多いです。
しかもグリーン奥のラフはたいがい逆目です。
しかもピンがグリーンエッジ近いところにあったら、ぴったり寄せることはたいへんにむずかしいショットになるでしょう。
うまくヒットしてもピンをかなりオーバーしますし、かといって加減し過ぎるとグリーンに乗らないことが多いのです。
ボールを上げて止めようと思ってボールを左足のほうに寄せ、フェースを開いてはいけません。
ボールの手前をかませてフェースを開いてショットしたらボールは絶対にラフから出ません。



そういうときはボールを直接打たないほうがいいでしょう。
わざと手前のラフをかまらませて一緒に打ち出す方法です。
深くもぐったボールをクリーンに打とうとするとトップするおそれもあります。
うまくヒットできてもかなりオーバーしてしまう。
手前の芝をかませれば、かなり強く打ってもボールはそれほどいきよいよく出ません。
わざと手前のラフをかませてボールのいきおいを殺すショットです。


ボールの手前にドンとヘッドを入れてやります。
フォロースルーは特に必要ありません。
ほとんど打ち込むだけです。
無理にヘッドを抜こうとすると、逆目のラフにヘッドが負けてしまいます。
ボールを右足に寄せるとフェースは自然にややかぶさり、しっかりとヒットできるでしょう。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 13 : 07 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ゴルフ上達法-つま先上がり

ゴルフ上達法-つま先上がり


ゴルフ上達法,つま先上がり


ツマ先上がりのライではボールはふだんより10センチぐらい右に置きます。


下半身を使わなくてもシャープに振り切れるようにするためです。
そして右足を軸にして右手で振り抜きやすくするためでもあります。


アドレスで肩とボールを結んだ傾斜角度をスイングプレーンといいます。
ボールの位置が両足よりも高くなればなるほどスイングプレーンフラットになりなす。
スイングはこのスイングプレーンに沿って行われます。
ボールの高さに応じてグリップを短く持ってボールに近く打てば、スイングプレーンはかなり立ってきます。
クラブを長く持ってボールから離れるほどフラットなスイングになってボールは左へ出やすくなります。


ツマ先上がりのライでは体をいっぱいに使ってフルスイングをすると、体のバランスが崩れてジャストミートしにくくなります。
腰から下はあまり使わないで肩と両腕の三角形で振ります。
クラブを短く持っていますのでスイングの弧は小さくなり、飛距離が落ちるのはやむを得ないです。
距離はあまり欲張らないで、正確にヒットしてボールを運びたい地点にレイアップすることを第一に考えるましょう。


両肩はできるだけ水平にし、スライスさせるつもりで左へ振り抜いていきます。


テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 13 : 30 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

ゴルフ上達法-ダウンスロープ

ゴルフ上達法-ダウンスロープ


ゴルフ上達法,ダウンスロープ


ダウンスロープでは目標に対するからだの向きに気をつけましょう。
ほとんどの人はグリーンのはるか右を向いています。
一度、両足のツマ先にクラブを置いて、飛球線のうしろから自分でたしかめてみてください。
自分でも信じられないくらい右向きになっている人が多いものです。
右を向けばバックスイングもインサイドに入りすぎます。


ダウンスロープでは思い切って左を向いて構えてみましょう。
自分ではかなり左を向いたつもりでちょうどよいくらいです。


ダウンスロープのライからはクラブが長くなるほどスライスしやすくなります。
そのためにも左を狙うべきです。


両膝をスロープと平行にするぐらいのつもりで、下半身はスロープなりに構えることが大切です。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 15 : 22 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

ゴルフ上達法-距離感の調節

ゴルフ上達法-距離感の調節


ゴルフ上達法,距離感


距離の打ち分けは、バックスイングの大きさでやるという人がいます。
スイングのスピードは一定にしておいて、距離に応じてスイングの大きさを変える方法です。
練習場のマットの上で打つときのように、いつでも同じライで打つのならそれでもよいでしょうが、コースへ出たらそんなわけにはいきません。
打つたびにボールのライがちがいます。


ボールが浮いているときは、ゆったりしスイングができますが、ボールディボット跡に入っていたり芝生がはげたところにある場合は、ゆったりとしたスイングはできません。
ボール浮いているときとはちがいフェースをかぶせてかなり強くヒットしないと手前をザックリやりやすいからです。


また、ボールがかなり沈んでいるときはわざと手前をかませることもあります。
ボールを直接打とうとするとトップするおそれがあるときです。
手前をかませて、なおかつ距離を合わせるには、浮いたライよりはかなり強くヒットしなければなりません。


つまりボールのライによってスイングのスピードを変えざるを得ないということです。
したがって距離を打ち分けるのにスイングの大きさは特に変えようとはしないで、スイングのスピードを変えることを練習で身につけましょう。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 16 : 48 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ゴルフ上達法-アップヒル

ゴルフ上達法-アップヒル


ゴルフ上達法,アップヒル


アップヒルではふだんよりボールを右足のほうに置きます。


アップヒルではフラットなライよりもボールが高く上がりますので、ボールを左に置くほどロフトが多くなるためさらに思ったより高く上がってしまいます。
あまり上がり過ぎると、距離感がつかみにくいし、風の中では方向も狂いやすくなります。
できることなら平地とあまり変わらない弾道を出したいので、右足のほうにボールを置くのはそのためである。


アップヒルではウエートが右足に多くかかります。
体のバランスをとるため左膝を余分に曲げておきます。
左膝を伸ばすと上体が右に傾き過ぎて、すくい上げてしまうからです。
うまく当たってもボールは高く上が利距離が出ません。


アドレスでの右ウエートをそのまま、右足を軸にして右手で振り抜いていきます。
そのためにもボールを右足のほうに置きます。
ボールを右足に寄せておいて、スタンスの幅だけをシャープに振り抜いていく感じでスイングします。


テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 16 : 32 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

ゴルフ上達法-沈んだボール

ゴルフ上達法-沈んだボール


ゴルフ上達法,ラフ


あるがままの状態でプレーするゴルフでは、ボールは浮いているときばかりではありません。


ボールが沈んでいるときなど、どんな悪いライからでもボールが浮いているときと変わらないショットが打てるようにしたいものです。
そのためには練習のときは意識的にできるだけ悪いライからやるべきです。


ボールが沈んでいるときは、ボールを右足のほうに置いて、フェースをかぶせてかなり強くヒットする必要があります。
ラウンド中にいきなりこのようなスイングはできませんからふだんからそういう練習をやっておきましょう。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 19 : 17 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

ゴルフ上達法-低いボールを打つスイング

ゴルフ上達法-低いボールを打つスイング


>ゴルフ上達法,<a href=低いボール" border="0" width="68" height="102" />


低い弾道のボールを打ちたいとき、たとえばアゲンストの風のときなどはボールをいつもより中に置きます。
林の中などで木の間を低く抜くときの要領と同じです。


アゲンストに向かって低く打ちたいと思うと、いつもより強くたたきがちですが、それではかえってボールが高く上がってしまいます。
ボールは、強打するほど高く上がるものです。


インパクトに力を入れてずに、スムーズに最後まで同じスピードで振り抜くことが大切です。
いつもよりフォロースルーを低くとりますが、そのためにはボールをすこし中に置きます。
そして低いフィニッシュをとります。


低いボールを打ちたいときは、右肩を一気に左足の線まで出してやり、スムーズにヘッドを通してやる感じで振り抜くことです。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 12 : 08 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑

ゴルフ上達法-ロングアイアンのスイング

ゴルフ上達法-ロングアイアンのスイング


ロングアイアン


ロングアイアンはロフトが少ないのボールをあげにくいクラブです。
ロフトの少ないクラブでボールを上げるためには、ヘッドスピードが必要です。
ヘッドスピードでボールが上がってかつ距離も出せるのです。


スピードを出すためにはスイングアークをできるだけ大きくすることです。
そのためにはバックスイングでできるだけリストを使わないようにし、肩と両腕の三角形をそのままの状態で肩を十分にひねることが大切です。


ロングアイアンはドライバーのつもりで、最後まで振り切ることです。
ドライバーのようにのびのびと振り抜くことでスイングの弧も大きくなり、ヘッドスピードもアップするでしょう。


ロングアイアンは背の高い人ほど有利です。
それだけスイングの弧が大きくなるからです。
背の低い人は左腕とクラブの長さを十分に生かして大きく振り抜くことを心がましょう。


ロングアイアンはボールをしっかり打ち抜くこと大事です。
うまく当てようとかボールを上げようという気持で腕だけでスイングしても打てるクラブではありません。
シャープに振り切りましょう。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 11 : 18 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ゴルフ上達法-ダフリ引っかけの原因

ゴルフ上達法-ダフリ引っかけの原因





ショートアイアンではダフったり左へ引っかけたりする人が多いようです。
引っかけが多い人はシャンクトもしやすです。


その原因は右肩から突っ込んでフェースがかぶさって当たるためです。
それが一つ間違うとシャンクにもなります。


ダフリ引っかけは、バックスイングで右膝がゆるんで腰が右にずれたり体の右サイドが伸びたりすると出やすものです。
オーバースイングになって、ダウンスイングで手がはやく戻るためです。


肩と両腕の三角形をそのままの状態をキープして、まっすぐバックスイングするとダウンスイングは自然に下半身からスタートできて手の戻しがワンテンポ遅れてくるようになります。
これがダフっや引っかけの対策です。


バックスリングをあまりインサイドに上げても引っかけやすくなります。
手をインサイドに引き過ぎると、ダウンスイングが逆に右肩からスタートして右肘もはやく伸びて、それで飛球線の外から入ってフェースがかぶさって当たるためです。
アウトサイドから入れば、ドライバーなどの長いクラブはスライスしますが、ショートアイアンはロフトが多いためにそのまま左へ出てしまいます。


引っかけが多い人は上体を起こしてもっとボールに近づいてアドレスするとよいでしょう。
ボールから離れるほどバックスイングがフラットになりダウンスイングを右肩から突っ込みやすくなります。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 09 : 44 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑

ゴルフ上達法-シャンク、ソケットを防せぐ

ゴルフ上達法-シャンク、ソケットを防せぐ


ゴルフ上達法,シャンク,ソケット


ミスショットの中でゴルファーに一番ダメージを与えるのがシャンクではないでしょうか。


シャンクは思わぬときに突然出て、さらに連続して出ることが多いからです。
シャンクが出たらスイングを意識的に変えないと断ち切れないのです。


シャンクの原因はボールがインパクトの時、クラブヘッドの根元に当たることです。
ショートアイアンのコントロールショットで出ることが多いです。
フルスイングではあまり出ません。


一般にフェースが開いて当たったときにだけ出ると思われていますが、そうとは限ぎりません。
フェースがかぶさって当たったときにも出ます。
いずれにしても、バックスイングを手だけ上げて、いわゆる、クラブをピックアップする
ことがいちばんの原因です。


手先だけでバックスイングすればたいがいはフェースが開いて上がり、アドレスでの肩と両腕の三角形も崩れ、左脇が体から離れるため、腕と体が一体に動きません。
どんなに小さいショットでも手だけでスイングするのではなく肩の動きもともなうべきです。
そのためには手首を使わないで肩と両腕の三角形をそのままバックスイングし、ダウンスイングも左でリードすることが重要です。
それもできるだけゆったりとしたタイミングで振る抜くことです。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

22 : 07 : 50 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

ゴルフ・コンシェルジュ

Author:ゴルフ・コンシェルジュ
ゴルフが大好きです。写真はわたしのスイングです。左足に重心が乗ったナイスショットのフィニッシュです。いつもこんなふうにスイングできるといいんですが...必ず1つ2つのホールで大たたきします。

ブログ・ランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ

クレジットカード

三井住友カード

楽天市場TOP

楽天市場ゴルフショップ




GDO Shop

ゴルフダイジェスト・オンライン
ゴルフダイジェスト・オンライン

Infotopランキング

Infotopランキング2