ゴルフ上達法-クラブフェースの向き

ゴルフ上達法-クラブフェースの向き


クラブフェーススクエアに保つ」という意味もアマチュアゴルファーは誤解しやすいですね。


ゴルフ上達法,クラブフェース



目標ラインに対してスクエアに保つと勘違いする場合が多いようです。
これだと、トップオブザスイングでクラブフェースがシャットフェースになってしまいます。


これも前回の「ゴルフ上達のヒント」でも書きましたが、クラブフェースはスイング平面に対して平行に上げていくのが正しいクラブフェースの向きです。


その結果、トップオブザスイングではクラブフェースは前方斜め上を向いているはずです。


◆呆れるほどぶっ飛んでしまう 骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!


テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 09 : 30 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

YouTubeゴルフレッスン-スライスからの脱却

YouTubeゴルフレッスン-スライスからの脱却





我々アマチュア・ゴルファーの最大の悩みはおそらく、弱々しいスライス・ボールの克服でしょう。


膝の使いすぎ、回転軸のブレ、アウトサイドインのヘッド軌道、コック・リリースの遅れ、などスライスの原因はたくさんあります。


このVTRを見て、スライスからの脱却を図りましょう。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 22 : 28 | YouTubゴルフレッスン | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

ゴルフ上達法-ドライバーの打ち方

ゴルフ上達法-ドライバーの打ち方


レッスン26は、ドライバーの打ち方です。


効果的にドライブするには、速いスピードのヘッドがスクエアに当たることです。
飛ばそうとして、スイングを速くしてコントロールを失い、スクエアに当てることをおろそかにしてはいけません。


ドライバーでは肉体的な限界の90%でスウィングします。
それ以上になると、ヘッドをボールに持ってゆくコントロールが乱れはじめます。
余分なスピードは、不正確な当たり、曲がったショットによって相殺されるものです。
距離は、前方に行くことからこそ意味のあることを忘れてはなりません。


あまり当たっていない時には、全部の力の80%ほどに落とし、ゆっくりしたテンポで真芯でとらえるように努力します。
ティー・ショットで距離の出ないゴルファーは、コントロールを失わずに大きく体をターンできない人ですが、このゴルファーは、次の方法を試みてください。


バックスイングで両手を高くスイングし、とくにドライバーでは両手が”雲にとどく”ようにするのです。
弧が大きくなるばかりではなく、ダウンを始める前にバックスイングを完全にすることもしやすくなります。


これは、最大の挺子力の不可欠なポイントです。


ゴルフ上達法,ドライバー,ペブルビーチ
ペブルビーチゴルフリンクス(カリフォルニア州モントレー)
7th Hole; Par 3; Blue Tee Yardage 106

http://www.pebblebeach.com/より


◆【速攻ゴルフ上達法!】超少ない練習で速攻進化のゴルフ上達法! 100切り90切りに打込み練習は必要ありません!
◆速攻!パワーインパクトゴルフ


テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 37 : 51 | スイング理論  | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

YouTubeゴルフレッスン-タイガーウッズのチップショット

タイガーウッズのチップショット


ミラクル・ショット!!!


            Tiger Woods Chip at the 2005 Masters


2008年のマスターズは南アフリカのイメルマンが初日からトップを譲らず優勝しました。
こういう勝ち方をWire to wireというそうです。


ところで、3年前のターガーウッズが優勝したときのこのミラクルショットを覚えていますか。
2005年のマスターズ、オーガスタ16番ショートホールでのチップイン


大観衆に囲まれて、2回練習ショットをした後の集中した顔。
ボールの落とし所とスイングの強弱で決まる微妙なグリーン。
タイガーの集中力は、ボールの落とし所、ラインの読みを完璧になものに。


グリーンに落ちたボールは大きく右に曲がりその後、軽く左に曲がるS字ライン。
止まるかと思われたボールが最後のひところがりでカップイン。
なぜ、こんなラインを出せるのだろか。


天才だ!!!

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

22 : 48 : 07 | タイガーウッズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ゴルフ上達法-ウッドの打ち方

ゴルフ上達法-ウッドの打ち方


レッスン25は、ウッドの打ち方です。


ウッドをうまく打てる人は多いのですが、アイアンになると下手なのは、こねたり、叩きこむからです。
”正確志向過度”が問題なのです。
ボールの方向と落とし場所に気をとられてしまうのです。


そのために、目標に対してクラブをスイング・スルーしないのです。
こねる動作は弧とクラブフェースの向きを変え、ショットを悪くしてしまうことを思い出してください。
どのアイアンでも、クラブヘッドを自由に自信を持ってスイングしなければいけません。
ボールが飛んで行くまで、ショットの結果を心配することはありません。


普通のフェアウェイのアイアンでは、私はクラブを地面につけません。
これには、3つの理由があります。


①スイングの準備中、突発的にボールを動かし、ペナルティーを1打とられないようにする。
②テークアウェイで、クラブが地面にひっかからないようにする。
③いつでも同じようにスイングができる。


ほとんどのゴルファーは、クラブをソールしないでバックし始めるようになるものです。
もし、これを学べば、バックスイングが安定し、スムーズになることを信じます。


◆ゴルフスイング最速上達法(驚異のNSP打法)


テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

22 : 37 : 28 | スイング理論  | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

YouTubeゴルフレッスン-タイガーのPerfect Swing

タイガーのPerfect Swing





タイガーウッズのドライバーショットをご覧ください。
スローモーションで見るとタイガーの完成されたスイングがよく分かります。


テ-クバックでクラブと体が一体となって捻転しています。
トップオブザスイングの位置はがすばらしいと思います。
シャフトが地面と平行になてっています。
トップからダウンスイングの切り返し、インパクト時の左サイドの壁。インパクト直前からフォロー、フィニッシュまでのシャープに振り切っています。


完璧なスイングですね。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 23 : 39 | タイガーウッズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ゴルフ上達法-飛距離

ゴルフ上達法-飛距離


レッスン24は、飛距離です。


肉体的な力は、ゴルフの距離に関する鍵ではありません。
プロの間では私より強い連中でも、私より遠くには飛ばせません。
距離を決める3つの要素は、次のことだと信じます。


①クラブヘッドの弧の広さ。
②バックスウィングでの体のひねりの度合。
③ダウンスウィングでの下半身の動かし方。


もちろん、他にもいくつかの要素はあります。
例えば、ボールを直角に打たねば飛ばないといったことです。


しかし、もし、いつもボールをとらえていながら、もっと距離を出したいのなら、3つの要素のそれぞれか、3つとも全部を考えることです。


弱々しい空転ではなく、本当の”ひねり”をするためには、もちろん、肩の回転に抵抗するように下半身を地面にしっかり踏んばらなければなりません。


ここでは、右膝が鍵です。右膝をバックスウィングで曲がったままにしておくことがたいせつで、そうでないといろいろな欠陥が出てきます。
左かかとをバックスウィングが終わる時に地面から上げてよいのですが、体のひねりによるひっぱりの結果であり、意識的にするものではありません。
もし体が柔らかければ、かかとを上げずに両足を内側にロールするだけのほうがよいのです。


◆ゴルフが最短距離で上達する方法


テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 37 : 03 | スイング理論  | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ゴルフ上達法-バンカーショット

ゴルフ上達法-バンカーショット


レッスン23は、バンカーショットです。


普通のバンカーショットでは、ボールではなく砂に神経を集中します。
私は約20cmの長さ、約8cm幅の広さのもので、その一部にボールがあるというように想像します。


いよいよ打とうとする時、ボールだけでなく、ボールの下にある”長方形”の砂も動かそうと思をうのです。
これができれば、ボールがでないことなどあり得ません。


ボールの下の砂をヘッドが浅くスライドして抜けてゆく、平らな底のスウィング弧をつくるために、ほとんどのエクスプロージョンショットでは、右手を普通より早く、しっかりと使います。
こうすると、リストが早く戻り、”トップから打ちこむ”ようになります。
その結果、”砂の中に埋める”のではなく、ヘッドの完全なリリースが可能になり、”砂を払いぬく”ようになるのです。


どんなところからでもうまくゆく優秀なプレイヤーになる一つの鍵は、砂の種類をマスターすることです。


私は、砂を3種類にわけています。


①細かい(砂粒が細かい)
②荒い
③ぬれている

の3つです。


私はぬれている砂が得意ですが、それは、”切りとる砂”をそれほど正確にしなくても、ヘッドが容易にはね上がるからです。
荒い砂はやや厄介ですが、ヘッドがはね上がってくれるので割合に簡単です。


細かい砂は、私を含めてほとんどのゴルファーにとって最大の問題です。
というのは、砂の抵抗が少ないので、ヘッドが深くもぐりこんでしまうからです。


◆【バイオニックミサイルスイング】プラスハンデ1.7をも叩き出す脅威のゴルフスイング理論を限定100名の方へ大暴露!
◆一万人を見てきた熟練キャディーが教える、究極のゴルフ上達法90日間完全返金保障付き


テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 32 : 26 | スイング理論  | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

ゴルフ・コンシェルジュ

Author:ゴルフ・コンシェルジュ
ゴルフが大好きです。写真はわたしのスイングです。左足に重心が乗ったナイスショットのフィニッシュです。いつもこんなふうにスイングできるといいんですが...必ず1つ2つのホールで大たたきします。

ブログ・ランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ

クレジットカード

三井住友カード

楽天市場TOP

楽天市場ゴルフショップ





楽天ゴルフクラブ・ウエア

Infotopランキング

Infotopランキング2