スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

石川遼の豪快なスイング-YouTubeゴルフ動画

石川遼の豪快なスイング





おもいっきりのいいスイングですね。

かつての尾崎 将司のように、こわいものがないスイングです。

邪念がないのでしょうね。

スポンサーサイト

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

22 : 36 : 57 | 石川遼 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

YouTubeゴルフレッスン-アーニー・エルスのドライバー・スイング

YouTubeゴルフレッスン-アーニー・エルスのドライバー・スイング





スイングのきれいなゴルファーの代表的なプロゴルファーの一人、アーニー・エルスのドライバーの完璧なスイングです。
タイガー・ウッズのスイングと共通点が多く見られます。


参考になるスイング動画です。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

22 : 28 : 54 | YouTubゴルフレッスン | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑

YouTubeゴルフレッスン-タイガー・ウッズのスイング

YouTubeゴルフレッスン-タイガー・ウッズのスイング





ゴルフ理論上、完璧なスイングですね。


いくつかすばらしい点を挙げてみます。

・クラブが体と一体となって動いている。
・スイングの中心(首に付け根)が不動である。(頭が全く動いていない)
・テークバックで右膝、ダウンスイングからインパクト、フォロー、フィニッシュで左膝がしっかりしていて全く流れていない。
(スエーが全くない)
・左腕が常に真っ直ぐ伸びている。(フィニッシュを除いて)
・クラブフェースが常にスクエアを保っている。
・スイングのアークが大きい。

タイガーの筋肉、腱、関節がしなやかだからできるスイングです。


タイガーは体のメンテナンスにも余念がありません。
年齢を重ねるに従って、体が硬くなってくると、それに合わせたスイングへ改造していかなければ、腰や膝の故障につながります。

実際、タイガーは左膝を故障し、手術しています。
たしかにヘッドスピードが速いので、左膝への負担は大きいです。

毎日、ストレッチを丹念にすることで最高の状態を長く維持し、すばらしいミラクルショトをこれからも見せてほしいと思います。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 00 : 16 | タイガーウッズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ゴルフ上達法-伸び伸びと大きな弧

ゴルフ上達法-伸び伸びと大きな弧


ゴルフ上達法,大きな弧


バックスイングは、伸び伸びとした大きなものでなくてはいけません。
大きなバックスイングはクラブヘッドの弧が大きく描かれることになり、ショットの距離を得るためには絶対に必要です。
もしバックスイングが、十分に大きくなかったり、あるいはきゅうくつなものであると、どんな結果になるでしょうか。


このようなバックスイングは、インパクトで最大のパンチをボールに与えるために必要な、上半身のねじりの力が、ほとんど弱められてしまいます。


バックスイングは、左手、左腕、左肩で同時にはじめます。
つまりワンピースの動作します。
手首のコックはバックスイングの中間点、つまり両手が腰の高さのあたりまできたときに始まります。
手首のコックはバックスイングで意識して行うものではありません。
コックを意識的にやると、どうしても早く、その動作をはじめてしまいます。
手首の早いコックは、それだけバックスイングを小さなものにしてしまい、上半身のねじりの力を弱めることになります。


バックスイングで両手が腰の高さに来たときに、手首のコックがはじまりますが、これは意識的に行うものではありません。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 27 : 24 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ゴルフ上達法-シャフトは地面と飛球線と並行

ゴルフ上達法-シャフトは地面と飛球線と並行


ゴルフ上達法,シャフト,飛球線


フルスイングの時、バックスイングのトップではシャフト地面と並行であるべきです。
しかしシャフト地面と並行なようにすることばかりに気を取られて、シャフトの方向についての心くばりをおろそかにしているゴルファーは以外に多いものです。


バックスイングのトップでは、シャフト地面と並行であると同時に、そのさす方向は、正確に目標の方を向いていければいけません。
つまり飛球線と並列になっていなければいけないのです。
トップにおけるシャフトのおさまりかたが、ベストショットを生みだします。


よくバックスイングのトップが、安定しているとか、きちんとした場所におさまっているなどといわれますが、それはこのことを意味しているのです。
つまりシャフトは地面と並行、そして目標の方をさす。
この2つのチェック・ポイントによって、いつも一定の場所にセットされることになるのです。


もしシャフトの先端が目標より右をさしていると、ダウンスイングからインパクトにかけて、クラブが飛球線により、かなりインサイドから近づいて行くことになり、フックボールを生み出します。
もしシャフトが目標の左をさしていると、スライスになるでしょう。
ダウンスイングではクラブはアウトサイド・インの軌道を描いてボールとインパクトするからです。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

23 : 26 : 10 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ゴルフ上達法-左手の甲と左手の外側は一直線

ゴルフ上達法-左手の甲と左手の外側は一直線


ゴルフ上達法,左手


手首のコックは、クラブを振りあげば、クラブヘッドの重みと遠心力で自然に起きます。
バックスイングで手首を使うなということは、けっして手首をコックしてはいけないということではありません。
正しいコックは絶対に必要です。


正しいコックをした場合、バックスイングのトップで左手の甲と左腕の外側が一直線になっています。
手首と腕の角度を、一線にすることは、クラブフェースが飛球線に対して、アドレスのときと同じように直線にたもたれているということです。


バックスイングのトップでは、シャフトは地面に並行になります。
そのとき手首の角度が正しく保たれていると、クラブフェース大体45度の角度で上を向いていることになります。
どんなスイングの場合で、トップで内側に折れこんでいると、クラブフェースは飛球線に対してクローズになり、フェースは上を向いています。
また手首が逆な折れかたをしていると、フェースはオープンになり、正面から見た場合、フェースが並行にこちらを向いていることになります。


スイングの練習をしてバックスイングのトップで左手首がどんなぐあいになっているかを注意して、何回もやって見るとよいでしょう。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

22 : 20 : 53 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

ゴルフ・コンシェルジュ

Author:ゴルフ・コンシェルジュ
ゴルフが大好きです。写真はわたしのスイングです。左足に重心が乗ったナイスショットのフィニッシュです。いつもこんなふうにスイングできるといいんですが...必ず1つ2つのホールで大たたきします。

ブログ・ランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ

クレジットカード

三井住友カード

楽天市場TOP

楽天市場ゴルフショップ




GDO Shop

ゴルフダイジェスト・オンライン
ゴルフダイジェスト・オンライン

Infotopランキング

Infotopランキング2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。