ゴルフ上達法-ロングアイアンのボールの位置

ゴルフ上達法-ロングアイアンボールの位置


ゴルフ上達法,ロングアイアン,ボールの位置


ロングアイアンを苦手とするゴルファーは実に多いです。
ゴルファーによっては、ボールにアドレスしたときから「むずかしい」と考えてしまいます。
ロングアイアンはシャフトが比較的長く、クラブヘッドは小さく軽くロフトが小さいという特徴があります。


ロングアイアンをマスターするためには、この特徴を理解して理にかなった打ち方をする必要があります。
単純化すると、フェアウェイウッドと同じような感じで打つことです。
ボールはスタンスの真ん中よりも前の方に置きます。
この位置にボールを置けば、ボールに対して、強くて十分な打撃を与える余裕が出てきます。
ボールをスタンスの真ん中近くに置くと、スイングがきゅうくつになりミスショットになる可能性が多くなります。
ロングアイアンでは大きくのびのびしとしたスイングが必要です。


ボールの位置がきまったら、両手はボールの真上に置くようにアドレスします。
もし両手がボールよりうしろにあると、クラブが本来持っているロフトが変わってしまい、トップするかダフるか、あるいはボールをとらえたとしても力が弱く、高くあがりすぎて距離の出ないショットになってしまいます。


ロングアイアンでは、アドレスでボールを少し左足寄りに置き、両手はボールの上にかまえるようにしましょう。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

20 : 57 : 14 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ゴルフ上達法-ラフからのショットはオープンフェース

ゴルフ上達法-ラフからのショットはオープンフェース


ゴルフ上達法



極端に草の短いラフ以外のすべてのラフからのショットでは、アドレスしたときクラブフェースはオープンにかまえます。


しかし、アベレージ・ゴルファーのなかには、ラフショットで逆にフェースをクローズにしてかまえている人をよく見かけます。
クローズドフェースにしてスイングをすればクラブヘッドのソールが草の葉を切ってくれると思っているためでしょう。
しかし、実際にはクローズドフェースになるほど草の抵抗が強くなり、せっかくのスイングスピードがクラブフェースがボールにぶつかるまでに勢いが弱くなってしまいます。
その結果、ラフから脱出するのに失敗するのです。


もうひとつ、オープンフェースでかまえなければいけない理由があります。
クラブヘッドが草の中を通ってボールにぶつかるまでに、オープンフェースでかまえたものが、実際にはクローズドフェースになっているからです。
その理由は、草の葉はクラブ・フェースのネックに近い方の部分ほど多くまとわりつき抵抗を増します。
そのために、ネックのスピードが落ち、逆にクラブフェースのトウは先に出ていきます。
オープンフェースにかまえることは、ちょうどインパクトでスクエアフェースになり、まっすぐなショットが打てるわけです。


ラフからのショットのときは、アドレスでオープンフェースにかまえます。
とくにアイアンの場合はウッドよりもオープンになります。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

20 : 49 : 46 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ゴルフ上達法-ラフからのロングショット

ゴルフ上達法-ラフからのロングショット


ゴルフ上達法


浅いラフ、あるいは中ぐらいの深さのラフに入ったボールをロングショットしようという場合、多くのゴルファーはアイアンクラブを選択する場合が多いです。
アイアンはラフの中のボールの状況によっては、草がクラブヘッドにからまり距離を出せないことがよくあります。


また、距離を出そうという意識がミスショットの原因にもなります。
あまり深くないラフからのロングショットには、ソールが平らなフェアウェイウッドかユーティリティーを試してみてください。


フェアウェイウッドやユーティリティーは、クラブフェースとソールが草の葉をそいでくれます。
フェアウェイウッドやユーティリティーのヘッドは大きく、結構重いので、力いっぱいのスイングをしなくてもヘッドの重みで十分にボールを飛ばしてくれます。
また、ウッドクラブのシャフトはアイアンのそれよりも長いので、スイングの弧が大きくなりますので距離も出ます。


ボールを左足カカトの前に置き、スタンスをややオープンにし、クラブフェースもオープン気味に構えます。
クラブフェースをオープンにすることによってフェースのロフトが大きくなり、ラフの草の抵抗を少なくできます。

バックスイングは、ふだんのスイングよりも早めに手首のコックを始め、ボールめがけて直接クラブヘッドを打ちこむつもりでりおろします。
アップライトなスイングで、早めの手首のコックをとることにより、インパクト・エリアでの草の抵抗を少なくするのに役立ちます。
スタンスとクラブフェースをオープン気味にとり、ややアップライトなスイングで振りおろすと、ボールはみごとに飛んでいきます。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

22 : 34 : 27 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ソレンスタムとオチョアのスイング

ソレンスタムオチョアのスイング





ソレンスタム基本に忠実なスイングです。
オチョアはやや変則的なテークバックですが、ダウンスイング以降は基本に忠実です。


アマチュア・ゴルファーには女子プロのスイングが参考になります。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

22 : 34 : 34 | YouTubゴルフレッスン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

石川遼のスイング比較

石川遼のスイング比較-昨年と今年


石川遼くん、
2008年ツアーは賞金1億円突破確定。
すごいですね。
高校2年生ですよ。


ヨネックスなどのスポンサー契約収入やTVCM出演料を合わせると、いったいいくら稼いでいるのでしょう。


話がそれました。
技術論に戻します。


石川遼のスイングは、実は昨年と今年で、微妙に違います。
ダウンスイングで頭(回転の中心)が目標方向へ少し動いています。
その分、腕の振りが悪くなりコントロールしにくくなります。
また、右膝の動きがすこし大きくなっています。
これも、コントロールが悪くなる原因です。


今年はドライバーショットがやや不安定で、その代わりトラブルショット対応や小技が上達したのでしょう。
この前のウォーターショットは、すばらしい判断と技術でした。


石川遼は今シーズン後半から好調を維持し、カシオワールドに出場中。
3日目を終えて暫定10位まで上げてきました。
最終日の活躍が楽しみです。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 22 : 12 | 石川遼 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

石川遼のウォーターショット-YouTubeゴルフ動画

石川遼のウォーターショット


このショットの前、2打差でトーナメントリーダーが、果敢に池超えを狙ってきた判断はチャレンジです。
もし池に入っても打てところで止まる、と考えるポジティブな思考には脱帽です。


石川遼は、若干17歳であらゆるゴルフシーンを経験しています。
これからのますますの成長を期待したいですね。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

22 : 33 : 41 | 石川遼 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

ゴルフ・コンシェルジュ

Author:ゴルフ・コンシェルジュ
ゴルフが大好きです。写真はわたしのスイングです。左足に重心が乗ったナイスショットのフィニッシュです。いつもこんなふうにスイングできるといいんですが...必ず1つ2つのホールで大たたきします。

ブログ・ランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ

クレジットカード

三井住友カード

楽天市場TOP

楽天市場ゴルフショップ




GDO Shop

ゴルフダイジェスト・オンライン
ゴルフダイジェスト・オンライン

Infotopランキング

Infotopランキング2