スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ゴルフ上達法-上体を反らし右肩が落ちる原因

ゴルフ上達法-上体を反らし右肩が落ちる原因


ゴルフ上達法


アドレスでまっすぐ構えた頭はスイング中もそのままの状態を保つことが絶対条件です。
ボールを打ちぬくまでは頭をボールのうしろに残しておくべきことはもちろんですが、それがために頭が右に傾いては逆効果です。
頭が右に傾くと上体までが右に傾いて上体がうしろにのけぞってアッパースイングになりやすからです。


ティアップしているドライバーならOKでも、アイアンの場合はアッパーに入ったらフェースでボールをつつみ込むような打ち方は絶対にできません。
上体をうしろに反ると体を一気にターンできないために、ヘッドのスピードが弱くなります。
ダウンスイングで右肩がアドレスのときより低くなるため、肩をシャープにターンできないためです。


インパクトで右肩はアドレスのときよりかなり低くなるものだと思っている人が多のですが、体を無駄なくシャープにターンするためには、右肩はアドレスのときとほとんど同じ高さを保つことが大切です。

スポンサーサイト

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

20 : 33 : 02 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ゴルフ上達法-つま先下がりは腰の安定

ゴルフ上達法-つま先下がりは腰の安定


ゴルフ上達法,つま先下がり


ボールがツマ先より低い位置にある場合は、つま先上がりのライとは逆にスイング平面はふだんよりアップライトになります。
クラブも長く持って、そのスイング平面にさからわないようにしましょう。
スロープにさからって、スタンスをクローズにしたりオープンにしたり、スイングを変えたりするとますますむずかしくなります。


スイングの軌道はアドレスした時点で決まりますので、大振りしないで、ジャストミートだけを心がけることが大切です。
体のバランスを保つためにはスタンスをふだんよりいくぶん広くするとよいでしょう。
つま先上がりのときは膝はまっすぐになりますので、その分ふだんよりも膝を曲げて構えます。


もっとも大切なことはアドレスでの膝の曲がり具合を最後まで保つことです。
両膝を曲げたまま腰の高さを一定にして振ることがポイントです。
そのためにも大振りは絶対に禁物です。
膝が伸びない範囲のコンパクトなスイングを心がけることです。


飛距離が落ちる分を、大きめのクラブを使うことでカバーしましょう。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 52 : 33 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ゴルフ上達法-スイングのリズム

ゴルフ上達法-スイングのリズム


ゴルフ上達法,スイング,リズム


アドレスという静止した状態からいかにスムーズに動き出したらようにか。
ゴルフを初めてだいぶ慣れてきたゴルファーが必ず抱く疑問のひとつでしょう。


そのスイングのスタートがスイング全体のリズムを決定するといっても過言ではありません。
バックスイングは目標とは反対方向への動きです。
静止の状態からいきなりうしろへ動き出すのはいろいろ気をつけなければならないことがあります。


ムーズにバックスイングをスタートするためには、なんらかのきっかけが必要です。
アドレスでは体重が左右の足に均等にかかってる状態です。
バックスイングでは体重が右足に移りますが、左右均等の状態からいきなり右足に移そうとするとスムーズに動くことはむずかしいものです。


このような場合ひとつのヒントとして、いったん左足に体重をかけ、それを右足に戻すと同時にバックスイングをスタートする方法があります。
左へ、そして右へと両足を踏みかえることによって、はじめてバックスイングをスムーズに始動できるわけです。
一種の「フォワードプレス」です。


試してみてください。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

20 : 34 : 39 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ゴルフ上達法-飛距離は腹筋背筋の使い方

ゴルフ上達法-飛距離は腹筋背筋の使い方


ゴルフ上達法,飛距離


飛距離は腹筋とか背筋をどれだけ強く働かせるかにかかっています。
バックスイングで肩を十分に回すのは、腰から両肩にかけての筋肉をいっぱいに伸張させるためです。


飛ばすためにはただ肩を回せばいいというわけではなく、それには右足の内側で体重を支えることが大切のなります。
体重が右足の外側に逃げてしまってはいくら体を回してもパワーが溜らないからです。
右足がゆるむと腹筋も引き締まらないし、背筋も十分に伸張しません。


右足は上体を巻き上げるための”支点”ですので、右膝は絶対にゆるめないようにしましょう。
右膝をしぼり込んでおけば上体の巻き上げはいっそう強くなります。


そして、ダウンスイングを左膝からスタートするようにしましょう。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

20 : 49 : 51 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

ゴルフ・コンシェルジュ

Author:ゴルフ・コンシェルジュ
ゴルフが大好きです。写真はわたしのスイングです。左足に重心が乗ったナイスショットのフィニッシュです。いつもこんなふうにスイングできるといいんですが...必ず1つ2つのホールで大たたきします。

ブログ・ランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ

クレジットカード

三井住友カード

楽天市場TOP

楽天市場ゴルフショップ




GDO Shop

ゴルフダイジェスト・オンライン
ゴルフダイジェスト・オンライン

Infotopランキング

Infotopランキング2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。