ゴルフ上達法-頭の位置

ゴルフ上達法-の位置


ゴルフ上達法,頭の位置


アイアンの当たりがおかしいと思ったとき、まずどこよりも先にの構えをチェックしましょう。
の構え方一つでスイングは大きく変わります。
アイアンショットでこするような打ち方になったとき、アドレスでが右に傾いていることが多いと思います。
自分ではいつもと同じスイングをしているつもりでも、が右に傾いているのでアッパー気味にボールをこすり上げるようなインパクトになっているわけです。


頭を右に傾いていると、クラブフェースがオープンになります。
フェースの向きはアドレスの視線によって左右されるのです。
両目を結ぶ”目線”は目標ラインと平行です。
それではじめて体も目標ラインと平行になり、フェースはスクエアになります。
その両目を結ぶ線は、頭の構え方によって決まります。
頭を右に傾けると、目標は目標ラインの右向きになるのでフェースもそれと同じ方向を向いてオープンになってしまいます。


自分ではスクエアにかまえているつもりでも、実際にはオープンになっているのです。
それはアイアンだけでなくドライバーでも同じです。
ドライバーはボールを横から見るといわれていることから、意識的に頭を傾ける人が多いのですが、それではバックスイングがインサイドに入りすぎて右肘が窮屈になり、フェースもオープンになってしまいます。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 02 : 31 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ゴルフ上達法-右サイドの壁

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
21 : 58 : 57 | ゴルフ上達のヒント | page top↑

ゴルフ上達法-フェースをかぶせる

ゴルフ上達法-フェースをかぶせる


ゴルフ上達法,フェース


フェースを開けばロフトが大きくなりますので、ボールは弱々しく上がるばかりで距離が出ないのは当然です。
5番を持ちながら、フェースを開くことで6番に近いロフトにしておいて、さらにインパクトですくい上げるような打ち方をすれば威力のあるショットはできるはずがありません。


フェースを開いたほうがボールは止まると思っている人が多いのですが、実際はまったく逆です。
直角に打ち抜いたほうがフェースにボールがよくかみついてスピンがかかり、ボールはバックスピンがかかってよく止まります。
フェースを開くと、どんなにうまくヒットしたつもりでもボールがすべってしまい、歯車がうまくかみ合わないのと同じようにバックスピンがかかリません。
さらに、フェースを開くとダフリやトップも出やすくなります。


フェースを開くほどバックスイングがフラットになってすくい上げるような打ち方になります。
アドレスでのフェースの向きとバックスイングの軌道には微妙な関係があるのです。
フェースを開くと上からボールをつぶすようなスイングはまったく不可能です。
ダウンブローのスイングができないのです。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

20 : 59 : 55 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

ゴルフ・コンシェルジュ

Author:ゴルフ・コンシェルジュ
ゴルフが大好きです。写真はわたしのスイングです。左足に重心が乗ったナイスショットのフィニッシュです。いつもこんなふうにスイングできるといいんですが...必ず1つ2つのホールで大たたきします。

ブログ・ランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ

クレジットカード

三井住友カード

楽天市場TOP

楽天市場ゴルフショップ




GDO Shop

ゴルフダイジェスト・オンライン
ゴルフダイジェスト・オンライン

Infotopランキング

Infotopランキング2