ゴルフ上達法-ロングパットは距離を3等分する

ゴルフ上達法-ロングパット距離を3等分する


ゴルフ上達法,ロングパット


ロングパット距離感がすべてといってよでしょう。
絶対ばくぜんと狙ってはいけません。


カップまで歩測するなりして距離を正確につかむことが大切です。
その距離を3等分して見ましょう。
9メートルあるとしたら、3メートルずつに区切ってみるのです。


まず3メートルを打つにはどのくらいの強さがよいかを考えます。
それにもう3メートルを加算してみます。
そして最後はカップまでの全体の距離感をしっかりと頭の中に刻み込んでからアドレスに入るのです。


アドレスしたら、距離を合わせることだけに集中します。
方向はアドレスした時点ですでに決まっているはずです。
フェースも体もラインに正しく構えているんだと自信を持って、あとは距離感だけを考え状況します。


構えてからまだラインはどうだろう、フェースは正しく合っているだろうか、打ち方をどうしよう、とを考えたら肝心の距離感がおろそかになってしまいます。


距離感はヒッティングの強さで決まりますが、それを的確につかむためにはアドレスしたらボールを見ながらも意識はカップに集中することです。


ロングパットでは距離感が第一です。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 02 : 19 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

ゴルフ上達法-パットでライン上にヘッドを抜くのは大誤解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
21 : 02 : 09 | ゴルフ上達のヒント | page top↑

ゴルフ上達法-ロングアイアン

ゴルフ上達法-クラブフェース


ゴルフ上達法,クラブフェース


ロングアイアンは、十分な距離と正確さを必要とするホールで、威力を発揮する効果的な武器です。
正しく打たれたロングアイアンのホールは、グリーンに落下してから、2、3回のバウンドで完全に止まるだけのバックスピンがかかります。


ところが、アベレージ・ゴルファーはロングアイアンは難しいものと思い込んでいる人が多いようです。
ロングアイアンは特殊なクラブではなく、他のショットとスイングはまったく同じです。


ただ、ロングアイアンのスイングは、強く打ちこむのではなく、横から払う感じでスイングするといいでしょう。
大きなバックスイングをとり、ダウンスイングでは思いきった両手首のアンコックをしながら、ボールを直接、横から払うように打つようにすることです。


ロングアイアンのショットは、こわごわと打っては絶対に成功しません。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 21 : 12 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

ゴルフ・コンシェルジュ

Author:ゴルフ・コンシェルジュ
ゴルフが大好きです。写真はわたしのスイングです。左足に重心が乗ったナイスショットのフィニッシュです。いつもこんなふうにスイングできるといいんですが...必ず1つ2つのホールで大たたきします。

ブログ・ランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ

クレジットカード

三井住友カード

楽天市場TOP

楽天市場ゴルフショップ





楽天ゴルフクラブ・ウエア

Infotopランキング

Infotopランキング2