ゴルフ上達法-芝目を読む法則

ゴルフ上達法-芝目を読む法則


ゴルフ上達法,芝目


パットではグリーン芝目の判断が重要です。
ペントグリーンはほとんど傾斜を読むだけですみますが、高麗の場合は順目と逆目のちがいを的確につかまなければなりません。


芝目は太陽の照り具合や水の流れに大きく影響されます。
海に近いコースでは、太陽の出る明るいほうへ、つまり海に向かって順目になります。
また、山岳コースは高いところから低いほうへ、水の流れる方向へ順目になります。


富士山のように高い山の裾野にあるコースは順目と逆目のちがいが特にはっきり出ます。
高い山を背にしたパットはおそろしく速くなります。
それはペントグリーンでも同じです。
高原コースでプレーするときは、かならず周辺のもっとも高い山の所在を確かめながらパットするようにします。
グリーンだけを見てパットをすると、とんでもないミスジャッジをすることになります。


内陸の林間コースなどでは花道から次のティに向かって順目であることが多いです。
プレーヤーが歩くほうへと芝目も流れる傾向があるからです。
長い間踏まれているうちに芝目もそれに影響されるわけです。


シーズン中は芝生の生育状態で色ツヤが変わります。
芝生が濃い色に見えるときは逆目で、白っぽく光って見えるときは順目です。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 08 : 44 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

ゴルフ・コンシェルジュ

Author:ゴルフ・コンシェルジュ
ゴルフが大好きです。写真はわたしのスイングです。左足に重心が乗ったナイスショットのフィニッシュです。いつもこんなふうにスイングできるといいんですが...必ず1つ2つのホールで大たたきします。

ブログ・ランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ

クレジットカード

三井住友カード

楽天市場TOP

楽天市場ゴルフショップ





楽天ゴルフクラブ・ウエア

Infotopランキング

Infotopランキング2