ゴルフ上達法-ディポットでの打ち方

ゴルフ上達法-ディポットでの打ち方


ゴルフ上達法,ディポット


フェアウェイでもボールがディポット跡に入ったときは、距離的には5番アイアンを使うケースでも、ボールの沈み具合に応じて7番とか8番といったロフトの多いクラブを使わざるを得ない場合があります。
沈んだボールを正確にヒットするためにはフェースをかぶせて打たなければなりません。
そのためにはボールをふつうより右足のほうに寄せて置きます。
そうすればフェースは自然にかぶさって、7番でも6番と同じロフトになります。


ウエートは左に乗せておいて、鋭く打ちおろして低く振り抜いていきます。
ライがいいときのように高く振り抜こうとすると手前に打ち込んだりトップしたりしやすくなりますので注意です。
バンカーやラフでも同じですが、ライが悪いときは鋭く打ちおろすスイングを心がけましょう。


ボールを上げようと思って掃くような打ち方をしたらジャストミートはできません。
絶対に上げようという意識は持たず、ボールを転がすつもりで思い切り打ち込むスイングをします。
ただしライがいいときと同じバックスピンは期待できません。
ランがでることを計算して花道を狙っていくといいでしょう。


右手を利かして打ちますので左へ引っかからないように体を少し左に向けておきます。
フェースは目標に向けてまっすぐ抜いていくことは忘れないでください。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 39 : 11 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

ゴルフ・コンシェルジュ

Author:ゴルフ・コンシェルジュ
ゴルフが大好きです。写真はわたしのスイングです。左足に重心が乗ったナイスショットのフィニッシュです。いつもこんなふうにスイングできるといいんですが...必ず1つ2つのホールで大たたきします。

ブログ・ランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ

クレジットカード

三井住友カード

楽天市場TOP

楽天市場ゴルフショップ




GDO Shop

ゴルフダイジェスト・オンライン
ゴルフダイジェスト・オンライン

Infotopランキング

Infotopランキング2