ゴルフ上達法-バンカーの目玉

ゴルフ上達法-バンカー目玉


ゴルフ上達法,バンカー,目玉


バンカーでボールが砂の中にもぐり込んだ、いわゆる「目玉」状態のときは、ピンを狙うことはほとんど不可能です。
この場合は一回でバンカーから出ればよしと考えましょう。



目玉状態のときは、ボールが埋まっている分ヘッドも砂に深く入れてやる必要があります。
ヘッドを打ち込む場所は、いつもよりボールの手前になります。


ふつうのバンカーショットはヘッドをボールの下の砂の中を通しますが、目玉のときはヘッドを抜こうとはせずボールの手前にヘッドを叩き込む感じです。
振り抜こうとすると、ヘッドのいきおいが弱くなって砂の抵抗に負けてしまいボールは出ないでしょう。
フォロースルーは特に必要ありません。


ボールを上げようとしてフェースを開くことは禁物です。
目玉のときはフェースを立ててシャット気味にします。
いつもよりウエートを左に乗せておき、ボールはふつうより右に置き、アップライトにバックスイングして急角度に叩き込んでみましょう。


むしろボールをさらに砂に埋め込ませてやるぐらいのつもりで思い切りよく打ち込んでやるといいでしょう。
砂を多くとるためにバックスピンはまったくかかりませんのでランが多いことも計算に入れておいてください。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

20 : 18 : 34 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

ゴルフ上達法-傾斜したバンカーから寄せる

ゴルフ上達法-傾斜したバンカーから寄せる


ゴルフ上達法,傾斜,バンカー


バンカーの中でボールのライがグリーンに向かって上がっていたり下がっていたりすることがよくあります。
アゴの高いバンカーで、そのアゴの近くにボールが止まったときはアップヒルのライになり、うしろのアゴに近いときはダウンヒルになります。


バンカーでもフェアウエイのスロープと同じで、両肩の線を斜面と平行に構えて、スイングも斜面に対して平行に行うことが基本です。
アップヒルのときはクラブのロフトがふえますのでボールは高く上がりショートしやすくなります。
フェースは開かないで、スクエアに構えたほうがよいでしょう。
アゴの近くにボールがあるときはふだんのようなフォロースルーはとれません。
このようなときは無理に振り抜くこともはなく、ボールの先を10センチも鋭く振り抜けば十分です。
ふだんよりも手前から入りやすいので、その分いつもより力を入れる必要があります。


ダウンヒルではふだんのようにボールが高く上がりません。
スタンスをオープンにしてフェースもオープンに構えます。
ボールの位置はふだんよりも中に置きます。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 53 : 11 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑

ゴルフ上達法-バンカーの砂質によって打法は変わる

ゴルフ上達法-バンカー砂質によって打法は変わる


ゴルフ上達法,バンカー,砂


バンカーは砂の堅さや重さによってボールの出方がかなり異なります。
砂質がどうであるかは、足場を決めるときに靴の底でよくたしかめておきましょう。


砂の量が少なく硬いときや、雨で湿ってよく締まっているときなどはヘッドが砂の中に入りにくくなります。
浅くすべり抜けてヘッドにスピードがつくため、ボールが飛びすぎ、いわゆるホームランがでることがあります。
フェースを開くほどその傾向が強くなります。
このような場合はフェースをスクエアに構えた方が安全でしょう。
フェースをスクエアに構えると硬い砂でも適度の深さにフェースが砂に切り込んでいきます。
雨が降り続いたときは、砂というよりは泥のかたまりという状態になるコースもあります。
そういうときはサンドウェッジよりピッチングウェッジを使うことをお奨めします。
ソールに丸味のあるサンドウェッジはヘッドがはね返されてホームランが出やすくなります。


また、川砂よりも海砂のほうが重く、ツブの大きい白砂よりもキメの細かい砂は重いと考えましょう。
重い砂はヘッドが受ける抵抗は強くなりボールの出足が悪くなります。
硬い砂よりもやわらかい砂の方がボールの飛びは悪くなります。
それは、やわらかい砂はヘッドがあまり抵抗なく抜けるためボールに力が伝わらないからです。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

22 : 27 : 01 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

ゴルフ上達法-クロスバンカーでのクラブ選択

ゴルフ上達法-クロスバンカーでのクラブ選択


ゴルフ上達法,クロスバンカー


クロスバンカーからグリーンを狙う場合、ラフと同様フェアウエイから打つときよりも1クラブ短いものを使います。
フェアウエイのように大きなスイングができないので、大き目のクラブを使いたいところですが、正確にヒットするために1つでも短いクラブのほうがよい結果が期待できます。


クロスバンカーではダフリは絶対禁物です。
ダフリを防ぐためには、できるだけアップライトなスイングを心がけます。
短いクラブを使えばアップライトに振れますのでダフリも少なくなります。
フェアウエイならともかくラフやバンカーで大き目のクラブで加減するのはひじょうにむずかしいものです。
下手に軽く打とうとすると、手前をザックリやりやすくなります。


シャフトの短いクラブのほうがシャープに振り抜けます。
振り方によっては8番でも5、6番の距離が出せるものです。
それは振り抜きをシャープにすれば8番でも5番より鋭いショットができるからです。


クロスバンカーからはフェアウエイよりもボールの出足は低くなります。
それはダフリを防ぐために、通常のフェアウエイショットよりもボールを中に入れて、フェースをかぶせ気味にして上から鋭く振り抜くためです。
足場が柔らかいため、ロフト通りに打ってもフェアウエイのようにはボールは高く上がりません。
ロフトの多いクラブを使うのはそのためでもあります。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 13 : 00 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

ゴルフ上達法-リカバリーショット

ゴルフ上達法-リカバリーショット


ゴルフ上達法,リカバリーショット


林などからのリカバリーショットでは、まずそこから1打で脱出することです。
トラブルにつかまったことは、あきらかに自分のミスであり、その責任を他に転化しようとしたりトラブルに陥らなかったときと同じような結果を得ようなどと欲張るとキズはさらに深くなるものです。


ティーショットが林などにつかまったときは、そのショットはなっかたものとして、2打目からがそのホールのティーショットだと思ってプレーする気持ちの切り替えが大切です。
1度フェアウエイに出しておいて、そこから乗ればパーオンと考えましょう。


林などからの脱出は、これは技術的にはそれほど難しいものではありません。
木の間を低く抜こうとするときは、ディボット跡から打つときと同じ要領でボールをスタンスの後方に置いて、フェースをかぶせてぶつけてやるだけでよいのです。


低く抜くときのクラブは7番アイアンか8番アイアンがよいでしょう。
ロフトが少ないクラブでは草に食われるおそれがありますし、ロフトが多いと上がり過ぎて木の枝に当たります。


リカバリーショットではクラブ選択は重要です。
グリーンに届くクラブを選びたいでしょうが、確実に1打でフェアウエイに出せるクラブを選ぶべきです。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 39 : 32 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

ゴルフ・コンシェルジュ

Author:ゴルフ・コンシェルジュ
ゴルフが大好きです。写真はわたしのスイングです。左足に重心が乗ったナイスショットのフィニッシュです。いつもこんなふうにスイングできるといいんですが...必ず1つ2つのホールで大たたきします。

ブログ・ランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ

クレジットカード

三井住友カード

楽天市場TOP

楽天市場ゴルフショップ





楽天ゴルフクラブ・ウエア

Infotopランキング

Infotopランキング2