ゴルフ上達法-最初の数ホールは堅い体に合わせて

ゴルフ上達法-最初の数ホールは堅い体に合わせて


ゴルフ上達法,スタートホール


練習でいくら当たっていても、それがコースに出るとそのとおりいかないのがゴルフです。


練習はあくまでも練習です。
スタート前の練習でショットもパットもいい感じで、これはいけそうだと思えるときがあります。
しかし最初からその気になるのは危険です。
どんなに好調なときでも、はじめのうちはじっくりといくことです。
車の運転と同じで、はじめから最高のスピードを出すべきではありません。


スタート前に入念なウォーミングアップをしても、筋肉はまだ完全にはほぐれていません。
最初の数ホールは堅い体に合わせて、徐々にスピードをあげるべきである。
したがって、狙いもはじめは広くとり、フェアウエーをいっぱいに使いましょう。
セカンドショットは直接ピンを狙わず、グリーンに乗れば上々です。


パットも同じことです。
入れるよりもグリーンの速さをつかむことが先決です。
最初から狙って打ち、もし3パットでもしたら、一日中感じをつかめないで終わることになりかねません。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 21 : 58 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

ゴルフ・コンシェルジュ

Author:ゴルフ・コンシェルジュ
ゴルフが大好きです。写真はわたしのスイングです。左足に重心が乗ったナイスショットのフィニッシュです。いつもこんなふうにスイングできるといいんですが...必ず1つ2つのホールで大たたきします。

ブログ・ランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ

クレジットカード

三井住友カード

楽天市場TOP

楽天市場ゴルフショップ




GDO Shop

ゴルフダイジェスト・オンライン
ゴルフダイジェスト・オンライン

Infotopランキング

Infotopランキング2