ゴルフ上達法-正しいインパクト

ゴルフ上達法-正しいインパクト


インパクト


飛ばすためには、フォロースルーが重要だといわれます。


しかし、フォロースルーはボールを打ったあとのことなので、フォロースルーをどうこうすると考えることはあまり意味がありません。
フォロースルーが大きいとか、小さいということを意識するよりも、いかに正確なインパクトをするかの方が大切なことです。


つまり、正しいインパクトを行ったあと、自然に出てくるフォロースルーが一番正しい形のはずです。
正しくインパクトさえしていれば、フォロースルーも自然に大きく、かつシャープになってくるのです。
故意にフォロースルーを大きくとろうとすると逆効果です。


フォロースルーは、スイングをチェックするのに大切です。
フォロースルーが内側に入ったり、外へ流れたりしていると、その時のスイングでは決して正しいインパクトができていないはずです。


正しいインパクトとフォロースルーを得るには、トップスイングの位置まで上げたものを、正確に元のアドレスの位置にもどしてやることです。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

05 : 51 : 20 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑

ゴルフ上達法-ボールに回転を与える

ゴルフ上達法-ボールに回転を与える


glf0035-026.jpg


練習場ではまっすぐなショットだけを打とうとしている人が多いようです。
ときにはショットを曲げる練習もやってみてはどうでしょうか。


それも「曲げる」練習です。
一度スライスが出ると、なんとか曲がらないようにと思いがちですが、そのミスショットを再現してスライスを何度も打ってみるのです。
インテンショナル・スライスです。
スライスするからといって、なんとか直そうとばかりしないで「もっとスライスさせてやれ」と考えて練習すると、どこがどうなってスライスするのかということが次第に分かってきます。
次はフックはどうしたら出せるかを考えて練習に取り組んでみましょう。


ゴルフはボールにどんな回転を与えるかが重要です。
十分なバックスピンがかかればボールはよく止まりますし、スライスやフックは右とか左とかのサイドスピンがかかるためです。


漫然とボールを打つのではなく、ボールの回転と体の動きの関係を考えながら練習することが大切です。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 19 : 50 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

ゴルフ・コンシェルジュ

Author:ゴルフ・コンシェルジュ
ゴルフが大好きです。写真はわたしのスイングです。左足に重心が乗ったナイスショットのフィニッシュです。いつもこんなふうにスイングできるといいんですが...必ず1つ2つのホールで大たたきします。

ブログ・ランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ

クレジットカード

三井住友カード

楽天市場TOP

楽天市場ゴルフショップ





楽天ゴルフクラブ・ウエア

Infotopランキング

Infotopランキング2