ゴルフ上達法-左手の甲と左手の外側は一直線

ゴルフ上達法-左手の甲と左手の外側は一直線


ゴルフ上達法,左手


手首のコックは、クラブを振りあげば、クラブヘッドの重みと遠心力で自然に起きます。
バックスイングで手首を使うなということは、けっして手首をコックしてはいけないということではありません。
正しいコックは絶対に必要です。


正しいコックをした場合、バックスイングのトップで左手の甲と左腕の外側が一直線になっています。
手首と腕の角度を、一線にすることは、クラブフェースが飛球線に対して、アドレスのときと同じように直線にたもたれているということです。


バックスイングのトップでは、シャフトは地面に並行になります。
そのとき手首の角度が正しく保たれていると、クラブフェース大体45度の角度で上を向いていることになります。
どんなスイングの場合で、トップで内側に折れこんでいると、クラブフェースは飛球線に対してクローズになり、フェースは上を向いています。
また手首が逆な折れかたをしていると、フェースはオープンになり、正面から見た場合、フェースが並行にこちらを向いていることになります。


スイングの練習をしてバックスイングのトップで左手首がどんなぐあいになっているかを注意して、何回もやって見るとよいでしょう。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

22 : 20 : 53 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ゴルフ上達法-シャフトは地面と飛球線と並行 | ホーム | ゴルフ上達法-左サイドの筋肉>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://golfgearguide.blog113.fc2.com/tb.php/111-171d4814
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

ゴルフ・コンシェルジュ

Author:ゴルフ・コンシェルジュ
ゴルフが大好きです。写真はわたしのスイングです。左足に重心が乗ったナイスショットのフィニッシュです。いつもこんなふうにスイングできるといいんですが...必ず1つ2つのホールで大たたきします。

ブログ・ランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ

クレジットカード

三井住友カード

楽天市場TOP

楽天市場ゴルフショップ





楽天ゴルフクラブ・ウエア

Infotopランキング

Infotopランキング2