ゴルフ上達法-シャフトは地面と飛球線と並行

ゴルフ上達法-シャフトは地面と飛球線と並行


ゴルフ上達法,シャフト,飛球線


フルスイングの時、バックスイングのトップではシャフト地面と並行であるべきです。
しかしシャフト地面と並行なようにすることばかりに気を取られて、シャフトの方向についての心くばりをおろそかにしているゴルファーは以外に多いものです。


バックスイングのトップでは、シャフト地面と並行であると同時に、そのさす方向は、正確に目標の方を向いていければいけません。
つまり飛球線と並列になっていなければいけないのです。
トップにおけるシャフトのおさまりかたが、ベストショットを生みだします。


よくバックスイングのトップが、安定しているとか、きちんとした場所におさまっているなどといわれますが、それはこのことを意味しているのです。
つまりシャフトは地面と並行、そして目標の方をさす。
この2つのチェック・ポイントによって、いつも一定の場所にセットされることになるのです。


もしシャフトの先端が目標より右をさしていると、ダウンスイングからインパクトにかけて、クラブが飛球線により、かなりインサイドから近づいて行くことになり、フックボールを生み出します。
もしシャフトが目標の左をさしていると、スライスになるでしょう。
ダウンスイングではクラブはアウトサイド・インの軌道を描いてボールとインパクトするからです。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

23 : 26 : 10 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ゴルフ上達法-伸び伸びと大きな弧 | ホーム | ゴルフ上達法-左手の甲と左手の外側は一直線>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://golfgearguide.blog113.fc2.com/tb.php/112-6215e698
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

ゴルフ・コンシェルジュ

Author:ゴルフ・コンシェルジュ
ゴルフが大好きです。写真はわたしのスイングです。左足に重心が乗ったナイスショットのフィニッシュです。いつもこんなふうにスイングできるといいんですが...必ず1つ2つのホールで大たたきします。

ブログ・ランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ

クレジットカード

三井住友カード

楽天市場TOP

楽天市場ゴルフショップ





楽天ゴルフクラブ・ウエア

Infotopランキング

Infotopランキング2