ゴルフ上達法-ラフからのロングショット

ゴルフ上達法-ラフからのロングショット


ゴルフ上達法


浅いラフ、あるいは中ぐらいの深さのラフに入ったボールをロングショットしようという場合、多くのゴルファーはアイアンクラブを選択する場合が多いです。
アイアンはラフの中のボールの状況によっては、草がクラブヘッドにからまり距離を出せないことがよくあります。


また、距離を出そうという意識がミスショットの原因にもなります。
あまり深くないラフからのロングショットには、ソールが平らなフェアウェイウッドかユーティリティーを試してみてください。


フェアウェイウッドやユーティリティーは、クラブフェースとソールが草の葉をそいでくれます。
フェアウェイウッドやユーティリティーのヘッドは大きく、結構重いので、力いっぱいのスイングをしなくてもヘッドの重みで十分にボールを飛ばしてくれます。
また、ウッドクラブのシャフトはアイアンのそれよりも長いので、スイングの弧が大きくなりますので距離も出ます。


ボールを左足カカトの前に置き、スタンスをややオープンにし、クラブフェースもオープン気味に構えます。
クラブフェースをオープンにすることによってフェースのロフトが大きくなり、ラフの草の抵抗を少なくできます。

バックスイングは、ふだんのスイングよりも早めに手首のコックを始め、ボールめがけて直接クラブヘッドを打ちこむつもりでりおろします。
アップライトなスイングで、早めの手首のコックをとることにより、インパクト・エリアでの草の抵抗を少なくするのに役立ちます。
スタンスとクラブフェースをオープン気味にとり、ややアップライトなスイングで振りおろすと、ボールはみごとに飛んでいきます。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

22 : 34 : 27 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ゴルフ上達法-ラフからのショットはオープンフェース | ホーム | ソレンスタムとオチョアのスイング>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://golfgearguide.blog113.fc2.com/tb.php/123-814022a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

ゴルフ・コンシェルジュ

Author:ゴルフ・コンシェルジュ
ゴルフが大好きです。写真はわたしのスイングです。左足に重心が乗ったナイスショットのフィニッシュです。いつもこんなふうにスイングできるといいんですが...必ず1つ2つのホールで大たたきします。

ブログ・ランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ

クレジットカード

三井住友カード

楽天市場TOP

楽天市場ゴルフショップ




GDO Shop

ゴルフダイジェスト・オンライン
ゴルフダイジェスト・オンライン

Infotopランキング

Infotopランキング2