ゴルフ上達法-ラフからのショットはオープンフェース

ゴルフ上達法-ラフからのショットはオープンフェース


ゴルフ上達法,ラフ


極端に草の短いラフ以外のすべてのラフからのショットでは、アドレスしたときクラブフェースはオープンにかまえます。


しかし、アベレージ・ゴルファーのなかには、ラフショットで逆にフェースをクローズにしてかまえている人をよく見かけます。
クローズドフェースにしてスイングをすればクラブヘッドのソールが草の葉を切ってくれると思っているためでしょう。
しかし、実際にはクローズドフェースになるほど草の抵抗が強くなり、せっかくのスイングスピードがクラブフェースがボールにぶつかるまでに勢いが弱くなってしまいます。
その結果、ラフから脱出するのに失敗するのです。


もうひとつ、オープンフェースでかまえなければいけない理由があります。
クラブヘッドが草の中を通ってボールにぶつかるまでに、オープンフェースでかまえたものが、実際にはクローズドフェースになっているからです。
その理由は、草の葉はクラブ・フェースのネックに近い方の部分ほど多くまとわりつき抵抗を増します。
そのために、ネックのスピードが落ち、逆にクラブフェースのトウは先に出ていきます。
オープンフェースにかまえることは、ちょうどインパクトでスクエアフェースになり、まっすぐなショットが打てるわけです。


ラフからのショットのときは、アドレスでオープンフェースにかまえます。
とくにアイアンの場合はウッドよりもオープンになります。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

20 : 34 : 54 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ゴルフ上達法-テークバックのタイミング | ホーム | ゴルフ上達法-左サイド主導>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://golfgearguide.blog113.fc2.com/tb.php/124-3bf76114
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

ゴルフ・コンシェルジュ

Author:ゴルフ・コンシェルジュ
ゴルフが大好きです。写真はわたしのスイングです。左足に重心が乗ったナイスショットのフィニッシュです。いつもこんなふうにスイングできるといいんですが...必ず1つ2つのホールで大たたきします。

ブログ・ランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ

クレジットカード

三井住友カード

楽天市場TOP

楽天市場ゴルフショップ





楽天ゴルフクラブ・ウエア

Infotopランキング

Infotopランキング2