ゴルフ上達法-正しいスタンス

ゴルフ上達法-正しいスタンス


ゴルフ上達法


ゴルフでスタンスは最も重要な基本のひとつです。
しかし、正しいスタンスを常に再現するのは意外とむずかしいものです。
毎日プレイしているプロゴルファーでも、自分では気づかないうちに微妙な狂いがでてきます。
そんなとき、プロゴルファーはゴルフコーチにチェックしてもらい、狂いを矯正します。
ましてや、月いちゴルファーのアマチュアは、正しいスタンスをとっているかどうか気づかずにスイングしていることが多いようです。
これでは、スイングする前に失敗が確定してしまいます。


幸い、スタンスを決める動作は静的なもので、意識して準備できるものです。
月いちゴルファーでも、正しいスタンスをとるためのセットアップ手順を身につければ、格段にボールの方向性がよくなります。


スタンスにはスクエア、オープン、クローズの3種類があります。
まず基本となるスクエアスタンスのとり方をマスターしましょう。
スクエアスタンスは、ボールとターゲットを結ぶラインに対して、両足、両膝、腰、肩のライン
がすべて平行にして立つスタンスです。
オープンスタンスやクローズドスタンスはインテンショナルにフェードボールやドローボールを打ちたいときにとります。


まづは、基本のスクエアスタンスをきめる手順を確立しましょう。
そのひとつの方法をご紹介します。


最初に、ターゲットに向かうラインを確認します。
ボールの後方に立ち、ターゲット方向のライン上でボールの先1メートルくらいのポイントに目印(ディボット、落ち葉、長い芝など)を見つけます。
ボールとこの目印を結んだラインを目にうかべます。
このラインに直角にクラブフェースを合わせ、右足をクラブフェースと同じ角度で合わせます。
左足もラインに平行に合わせ、両足のかかとを結んだ線もラインに平行になります。
両足、膝、肩のラインがそろって平行になってはじめて、正しいスクエアスタンスに構えたことになります。


ゴルフ練習場ではターゲット方向を狙う意識が希薄になりがちです。
このような練習はいくらやってもあまり効果がありません。
ゴルフ練習場では必ず、ターゲットにスクエアなスタンスをとり、ボールがターゲット方向へ飛んでいくことを確認しながら練習しましょう。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

20 : 52 : 58 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ゴルフ上達法-左サイド主導 | ホーム | ゴルフ上達法-ダウンスイング1>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://golfgearguide.blog113.fc2.com/tb.php/136-f791276b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

ゴルフ・コンシェルジュ

Author:ゴルフ・コンシェルジュ
ゴルフが大好きです。写真はわたしのスイングです。左足に重心が乗ったナイスショットのフィニッシュです。いつもこんなふうにスイングできるといいんですが...必ず1つ2つのホールで大たたきします。

ブログ・ランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ

クレジットカード

三井住友カード

楽天市場TOP

楽天市場ゴルフショップ





楽天ゴルフクラブ・ウエア

Infotopランキング

Infotopランキング2