ゴルフ上達法-グリップの工夫

ゴルフ上達法-グリップの工夫


グリップ


今日はゴルフ上達のヒントをひとつ書いてみます。


ゴルフスイングの始まりはアドレスです。
アドレスだけでも、スタンスのとり方、重心の掛け方、姿勢、ボールの位置、グリップ、目線、テイクバックのトリ
ガーまで、2秒か3秒の間にいくつものチェックポイントがあります。


今回はグリップについてひとつヒントを紹介します。
これは管理人も実践して効果がありました。
今もプレーするときは重要なチェックポイントに入れています。
ロングサムとショートサムという言葉をご存知ですか?
サムは親指のことです。
グリップの握り方で左の親指をのばして握るか、少し詰めて握るかの違いです。


村上隆プロが、ショートサム、つまりグリップするとき左手の親指をつめて握るほうがよいと何かに書いていたの読んだことがあります。
管理人もこのヒントは知っていましたが試してみたことはありませんでした。
当時、村上隆プロは飛ぶ鳥落とす勢いで勝っていましたので、彼がいうなら間違いないだろうと管理人も打ちっ放し練習場へ行って試してみました。


びっくりしました。
今までとボールの勢いと弾道が違うのです。
ボールが最後にグーンと伸び上がるのです。
プロの弾道と同じです。
この時はさすがに管理人もワンレベル技術が上がったと思いました。


ショートサムの効果は、グリップとクラブヘッドがしっかりと一体化して、トップでオーバースイングを防ぎ、ダウンスイングで左サイドで思いっきり引けることだと思います。
クラブヘッドのスピードが上がり、かつヘッドに遊びがなくなるので芯(スイートスポット)でボールをヒットできるのです。


知らなかった方、知っていても試していなかった方はぜひ練習場でやってみてください。
トップがコンパクトになりますので、肩が十分に回っていないとタイミングが狂いミスショットになります。
ゆっくりと十分に肩を回すようにしてトップから一気に左サイド主導でグリップを引きおろしてください。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 29 : 41 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ゴルフ上達法-ボールの位置 | ホーム | YouTubeゴルフレッスン-パワーのため方>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://golfgearguide.blog113.fc2.com/tb.php/16-f0fc1fc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

ゴルフ・コンシェルジュ

Author:ゴルフ・コンシェルジュ
ゴルフが大好きです。写真はわたしのスイングです。左足に重心が乗ったナイスショットのフィニッシュです。いつもこんなふうにスイングできるといいんですが...必ず1つ2つのホールで大たたきします。

ブログ・ランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ

クレジットカード

三井住友カード

楽天市場TOP

楽天市場ゴルフショップ





楽天ゴルフクラブ・ウエア

Infotopランキング

Infotopランキング2