ゴルフ上達法-ディポットでの打ち方

ゴルフ上達法-ディポットでの打ち方


ゴルフ上達法,ディポット


フェアウェイでもボールがディポット跡に入ったときは、距離的には5番アイアンを使うケースでも、ボールの沈み具合に応じて7番とか8番といったロフトの多いクラブを使わざるを得ない場合があります。
沈んだボールを正確にヒットするためにはフェースをかぶせて打たなければなりません。
そのためにはボールをふつうより右足のほうに寄せて置きます。
そうすればフェースは自然にかぶさって、7番でも6番と同じロフトになります。


ウエートは左に乗せておいて、鋭く打ちおろして低く振り抜いていきます。
ライがいいときのように高く振り抜こうとすると手前に打ち込んだりトップしたりしやすくなりますので注意です。
バンカーやラフでも同じですが、ライが悪いときは鋭く打ちおろすスイングを心がけましょう。


ボールを上げようと思って掃くような打ち方をしたらジャストミートはできません。
絶対に上げようという意識は持たず、ボールを転がすつもりで思い切り打ち込むスイングをします。
ただしライがいいときと同じバックスピンは期待できません。
ランがでることを計算して花道を狙っていくといいでしょう。


右手を利かして打ちますので左へ引っかからないように体を少し左に向けておきます。
フェースは目標に向けてまっすぐ抜いていくことは忘れないでください。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 39 : 11 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ゴルフ上達法-芝目を読む法則

ゴルフ上達法-芝目を読む法則


ゴルフ上達法,芝目


パットではグリーン芝目の判断が重要です。
ペントグリーンはほとんど傾斜を読むだけですみますが、高麗の場合は順目と逆目のちがいを的確につかまなければなりません。


芝目は太陽の照り具合や水の流れに大きく影響されます。
海に近いコースでは、太陽の出る明るいほうへ、つまり海に向かって順目になります。
また、山岳コースは高いところから低いほうへ、水の流れる方向へ順目になります。


富士山のように高い山の裾野にあるコースは順目と逆目のちがいが特にはっきり出ます。
高い山を背にしたパットはおそろしく速くなります。
それはペントグリーンでも同じです。
高原コースでプレーするときは、かならず周辺のもっとも高い山の所在を確かめながらパットするようにします。
グリーンだけを見てパットをすると、とんでもないミスジャッジをすることになります。


内陸の林間コースなどでは花道から次のティに向かって順目であることが多いです。
プレーヤーが歩くほうへと芝目も流れる傾向があるからです。
長い間踏まれているうちに芝目もそれに影響されるわけです。


シーズン中は芝生の生育状態で色ツヤが変わります。
芝生が濃い色に見えるときは逆目で、白っぽく光って見えるときは順目です。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 08 : 44 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

ゴルフ上達法-ロングパットは距離を3等分する

ゴルフ上達法-ロングパット距離を3等分する


ゴルフ上達法,ロングパット


ロングパット距離感がすべてといってよでしょう。
絶対ばくぜんと狙ってはいけません。


カップまで歩測するなりして距離を正確につかむことが大切です。
その距離を3等分して見ましょう。
9メートルあるとしたら、3メートルずつに区切ってみるのです。


まず3メートルを打つにはどのくらいの強さがよいかを考えます。
それにもう3メートルを加算してみます。
そして最後はカップまでの全体の距離感をしっかりと頭の中に刻み込んでからアドレスに入るのです。


アドレスしたら、距離を合わせることだけに集中します。
方向はアドレスした時点ですでに決まっているはずです。
フェースも体もラインに正しく構えているんだと自信を持って、あとは距離感だけを考え状況します。


構えてからまだラインはどうだろう、フェースは正しく合っているだろうか、打ち方をどうしよう、とを考えたら肝心の距離感がおろそかになってしまいます。


距離感はヒッティングの強さで決まりますが、それを的確につかむためにはアドレスしたらボールを見ながらも意識はカップに集中することです。


ロングパットでは距離感が第一です。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 02 : 19 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

ゴルフ上達法-パットでライン上にヘッドを抜くのは大誤解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
21 : 02 : 09 | ゴルフ上達のヒント | page top↑

ゴルフ上達法-ロングアイアン

ゴルフ上達法-クラブフェース


ゴルフ上達法,クラブフェース


ロングアイアンは、十分な距離と正確さを必要とするホールで、威力を発揮する効果的な武器です。
正しく打たれたロングアイアンのホールは、グリーンに落下してから、2、3回のバウンドで完全に止まるだけのバックスピンがかかります。


ところが、アベレージ・ゴルファーはロングアイアンは難しいものと思い込んでいる人が多いようです。
ロングアイアンは特殊なクラブではなく、他のショットとスイングはまったく同じです。


ただ、ロングアイアンのスイングは、強く打ちこむのではなく、横から払う感じでスイングするといいでしょう。
大きなバックスイングをとり、ダウンスイングでは思いきった両手首のアンコックをしながら、ボールを直接、横から払うように打つようにすることです。


ロングアイアンのショットは、こわごわと打っては絶対に成功しません。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 21 : 12 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ

プロフィール

ゴルフ・コンシェルジュ

Author:ゴルフ・コンシェルジュ
ゴルフが大好きです。写真はわたしのスイングです。左足に重心が乗ったナイスショットのフィニッシュです。いつもこんなふうにスイングできるといいんですが...必ず1つ2つのホールで大たたきします。

ブログ・ランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ

クレジットカード

三井住友カード

楽天市場TOP

楽天市場ゴルフショップ




GDO Shop

ゴルフダイジェスト・オンライン
ゴルフダイジェスト・オンライン

Infotopランキング

Infotopランキング2