ゴルフ上達法-その日の調子でスイングを変える

ゴルフ上達法-その日の調子でスイングを変える


ゴルフ上達法,スイング


ドライバーが好調なときに、いい気になってガンガン飛ばすのは危険です。
調子がいいときにかぎって、考えられないミスを犯すことがあります。
その思わぬミスでガックリきて、自分のペースを崩してしまうこともあります。


ドライバーの調子がいいときは、たしかにゴルフは楽です。
セカンドショットを余裕を持って打てますし、パットにも集中できます。
しかし、あまりいい気になってドライバーを叩いていると、それがショートゲームにまで影響して、ソフトなタッチが出なくなりがちです。
ドライバーのヒット感覚が手に残って、パットに大切な指先のしなやかな感触が失われるからです。


ドライバーの当たりが悪いときは十分に振り切るようにしましょう。
芯に当たらないのはスイングが小さくなっていることが原因ですので、ショットがおかしくなったら十分に振り抜くことです。


逆にドライバーが当たっているときは、少し距離を落とすぐらいの気持ちで自分をおさえることが大切です。
不調のときほど大胆に振り、当たっているときこそ慎重にいくバランスを心がけましょう。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

21 : 19 : 15 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ゴルフ上達法-バンカーの目玉

ゴルフ上達法-バンカー目玉


ゴルフ上達法,バンカー,目玉


バンカーでボールが砂の中にもぐり込んだ、いわゆる「目玉」状態のときは、ピンを狙うことはほとんど不可能です。
この場合は一回でバンカーから出ればよしと考えましょう。



目玉状態のときは、ボールが埋まっている分ヘッドも砂に深く入れてやる必要があります。
ヘッドを打ち込む場所は、いつもよりボールの手前になります。


ふつうのバンカーショットはヘッドをボールの下の砂の中を通しますが、目玉のときはヘッドを抜こうとはせずボールの手前にヘッドを叩き込む感じです。
振り抜こうとすると、ヘッドのいきおいが弱くなって砂の抵抗に負けてしまいボールは出ないでしょう。
フォロースルーは特に必要ありません。


ボールを上げようとしてフェースを開くことは禁物です。
目玉のときはフェースを立ててシャット気味にします。
いつもよりウエートを左に乗せておき、ボールはふつうより右に置き、アップライトにバックスイングして急角度に叩き込んでみましょう。


むしろボールをさらに砂に埋め込ませてやるぐらいのつもりで思い切りよく打ち込んでやるといいでしょう。
砂を多くとるためにバックスピンはまったくかかりませんのでランが多いことも計算に入れておいてください。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

20 : 18 : 34 | ゴルフ上達のヒント | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ

プロフィール

ゴルフ・コンシェルジュ

Author:ゴルフ・コンシェルジュ
ゴルフが大好きです。写真はわたしのスイングです。左足に重心が乗ったナイスショットのフィニッシュです。いつもこんなふうにスイングできるといいんですが...必ず1つ2つのホールで大たたきします。

ブログ・ランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ

クレジットカード

三井住友カード

楽天市場TOP

楽天市場ゴルフショップ





楽天ゴルフクラブ・ウエア

Infotopランキング

Infotopランキング2